shobon's blog

主に趣味のまとめになります。なる予定です。

カテゴリ: ゾイド

目次

はじめに

最近、久々にドット絵を描きたいなあと思い、勢いだけで描き始めた。
ついでに、出来るまでの途中経過をTwitterに上げていたのだが、
ブログの話題もあんまりないので、まとめてみようかなという次第である。


私は高価なイラスト作成ソフトなんて持っていないし、ペンタブも持っていない。
ドット絵を描くのに使うのはMSペイントとマウスだけでレイヤー機能はない。
そのため、Twitterに途中経過を上げることでバックアップの代わりにもなって意外と便利だ。

次からもやろうかな~

ドットを描く際の注意(読み飛ばし推奨)

ドット絵というものには、色々とルールがあるらしい。
いくつかは絶対に守らねばならないし、いくつかはなるべく守ったほうがいい。

  1. 保存形式はGIFかPNG(PNG推奨)
    jpgで保存してしまうとドット単位での描画の意味がなくなってしまう。
  2. CG画像の縮小はドット絵ではない
    1ドットずつ描き込んで作り出すものがドット絵なのである。
  3. 色は256色(インデックスカラー)を使う
  4. 画像サイズは256*256(128*128など)以下
    3, 4は正直どうでも良い。

    80年代のゲームでは、画面の描画能力や容量に限界があったため、
    限られた色数、解像度で描く必要があったというドット絵の歴史があるためだ。
    今となっては、そこまでこだわるものでもない。

ラフ画ってか落書き

ドット絵を描く方法は大きく分けて2つある。
一つ目は、ペイントソフトに大雑把な形を描き込んで、徐々に線を削ったり足したりする方法。
二つ目は、下絵をアナログで描いてスキャンし、それを元に線を拾う方法。


今回は前者で行なっている。
そして「大雑把な形」がこちら。
ClZwspeUsAEo8Iy

幼稚園児が描く絵か何かみたいだけど、最初はこんなものなのだ。
たぶん誰でも…。

ゾイド好きの方なら大方予想は付く見た目だが、普通の人からしたら何か分からないだろうなあ…。

ラフ画を削る

ラフ画が描けたが、ここから形を少しずつ整えていく。
もう少し線を太く引いてから(3ドットくらい?)削るようなこともあるようだが、
あのラフ画からゴリゴリ削っては足し、1ドットの線にしていく。
ClZ2zxFVYAAsmC9

この段階では主線は仮のものなので、おおよそ構図に問題なければ次に進む。
ディテールは形を拾うのに最低限なレベルだけで描き込む。
細部は塗りながらのほうが良いのだ!

主線の完成

そして、ついに主線の完成!!!
線同士が重なって分かりにくい箇所は、複数の色で線を引くこともある(画像では目)。
背中の武装については、塗りながらの方が良いと判断して保留してある。
ClZ8RenVYAEQnCG

色塗り

さて、いよいよ色塗りなのだが、その前にパレット的なものを作ろう。
下の画像のようにグラデーションに色を並べておく。
予めこういったものを作っておくことで、この後の色塗りが楽になる。
pallette

Cm10JM1VYAE72P_

色は、1系統の色に対して4色くらいが最適(ポケモンのゲームグラフィックも1系統4色が基本)。
基本色 + ハイライト(明るい色) + 影色(1段階暗い色) + さらに暗い影(2段階暗い色)
一番暗い影の色は、主線を描くときにも使えるくらいがベスト。
写真からスポイトで色を抽出したり、ペイントの「色の編集」から自作しよう。

ところで、Twitterの仕様が変わり、透明度情報がないとPNG画像がJPGへと変換されるらしい。
それに気付かず、ここから数枚はJPG画像になってしまった…。
(おのれTwitter社許すまじ…)

色の塗り方

どんな絵でも同じなのだが、色を塗る時は光源を考えねばならない。
つまり、どこから光が当たっているのかということだ。
多くの場合は、左右いずれかの上方、手前側から光が当てられていると考えて描く。
Cm2K02kUsAUCmAn

分かりにくいだろうが、上の絵もそういう感じで描いている(コクピットが分かりやすい?)。

その他、ドット絵に特徴的な塗り方としてタイルパターンがある。
市松模様をドット単位で描き、中間色を再現する手法である(脚部の塗り方)。
tile pattern
典型的なタイルパターンの例。

また、ドット絵は解像度の制約があるので、細部を描く際の手法として、
「ドットを線とする」のではなく「ドットとドットの境目を線とする」方法がある(キャップ部分)
Cm2Vv9qUIAEYRdQ

そして完成へ

そんなこんなで体の部分を塗り終えました。
ゾイドの場合、ディテールが不明な箇所(主に肉抜き、内部構造)がある。
そんな部分は想像で描き足すもよし、一番暗い色や黒で塗りつぶすのも良し。
CnfDc1VVUAA2Q4A

非常に分かりにくいが、色塗りの過程で脚部や頭部、全体的な形が徐々に変化している。
下のように、主線の頃と重ねると少し分かりやすいだろうか。
色を塗る段階で、不都合な箇所、違和感のある箇所を適宜修正していくのだ。
merge

シーパンツァー完成!

ついにシーパンツアーが完成!!(ついでに200%に拡大だ!!)
SeaPanzer

殻や武装の製作過程をぶっ飛ばしてしまって申し訳ないところだが、
夜中にぶっ続けて完成させてしまったのだ…。

これら全体の作業にはかなりの長期間を掛けたが、実際の製作時間はこんな感じ。
主線が完成するまでに、Twitterやアニメ見ながらで、実質2-30分程度。
本体部分(赤色)の塗り作業は2時間半。殻と武装部分で3時間ほど。

あれ?意外と時間かかってるなあ…(6時間…)
6月21日製作開始、主線完成
7月8日色塗り開始、本体部分完成
7月18日殻、武装部分色塗り完了。完成!



というわけで、今回のドット絵ができるまではこれでおしまい。

はじめに

今日はゾイドに関連して、藤野凡平氏についてまとめようと思う。

きっかけは昨日Twitterで「藤野凡平」という名前を見かけたことにある。
どうやらこの名前を、まだ知らない人もいるらしい。

以下の内容は、5年ほど前に私が個人的に情報をまとめたものである。
予想以上に多くのゾイドファンの方々に目にしていただいた。

気が向けば最新情報を付加して追記をすることもあるかもしれない…。

2016.05.05 ブログ用に書式を整え直した。
2016.08.27 記事全体の様式を修正。一部文章の修正。


ゾイドの誕生と復活

旧ゾイド時代に、ゾイド製作スタッフの中心人物の一人として藤野凡平という方がおられました。
藤野氏は数々のゾイドのデザインを手がけて来た、まさに「ゾイドの生みの親」である方でした。
ゴジュラスやマンモス、レッドホーンなど、初期から末期まで数々の傑作機を産み出してきました。

生物と機械が融合した秀逸なデザイン。
 ゼンマイやモーターから生まれる独特かつ迫力のある動き。
  読み応えのあるSF戦記のストーリー。

ゾイドは爆発的な人気となっていきました。
しかしそんなゾイドも、1990年で一度終了を迎えることになります。


機獣新世紀ゾイド

1990年代後半、Web上でのコンテンツの公開、公式サイトのオープンが始まりました。
また、ダークホーンを始めとしたイベントでの限定販売といった動きも起こってきました。
幾度かの復活計画や動きの中においても、藤野氏は中心的な存在として奮闘されました。

そして1999年、ついにゾイドは復活することになります。

復活したゾイドは漫画やアニメなどと相まって大ヒットを収めます。
新しいゾイドの開発も始まり、彼は多くのデザイン画を世に残しました。


しかし、2000年6月、藤野凡平氏は病により亡くなられました。


エレファンダー開発物語

出典はゾイドバトラー雷刃(帯ひろ志, 2002)の第2巻。巻末のエレファンダー開発物語にある。


旧時代に誕生した「ゾイドマンモス」。

ビガザウロと同じ動力機構でありながら、鼻や耳の稼働を実現させた旧時代の名機の一つです。
栄えあるゾイドコアボックスの付属ゾイドとして選ばれたほどです。

しかし、藤野凡平氏はマンモスのギミックに関して、決して満足していた訳ではありませんでした。
コストや動力のパワーの問題で、その稼働には象の(ような)動きを再現しきれていませんでした。
また、頭部を始めとしてデザイン上も大きな制約を受けていました。



彼は長らくこの「ゾウ(マンモス)型」のリベンジを考えていました。
そして、そのリベンジは彼が最後にデザインしたゾイドである「エレファンダー」だったのです。

これは学年誌のアイデアコンテストで選ばれたゾウ型ゾイドを元にデザインされました。
本物の象の動きを再現した鼻の動き、足を持ち上げての完全四足歩行が実現しました。

また豊富なオプションパーツが付属し、組み換えて遊べるプレイバリューの高いものとなりました。
デザイン的な面ではマンモスと大きく異なるものの、マンモスの後継機として相応しいゾイドでした。


受け継がれる名

次世代の恐竜型ゾイド

1999年に再開をしたゾイドでしたが、2000年に藤野氏は病に倒れました。
藤野氏の死後、当時のゾイドスタッフは偉大な彼の名を永遠に残すことを決めました。

機獣新世紀ZOIDSの展開が進み、次世代の恐竜型ゾイドの開発が始まります。
この恐竜型ゾイドのコードネームとして、藤野氏のイニシャルがあてられました。


B.F.


この時に選ばれたのが、1999年のゾイド再開のために藤野氏が描かれたデザイン画でした。
それはティラノサウルス型のデザインで、新ゾイドとしては最初期のデザイン案でした。

当時は、先進的すぎるデザインから採用には至っていませんでした。
デスザウラーを意識した、従来のゾイドに近いデザインのジェノザウラーが採用されています。


新たな時代に相応しいゾイドとして、彼のスケッチ画から選ばれてキット化されるたゾイドは

バーサークフューラー

藤野氏の死後から1年後の6月、BFは先行販売されました。


感謝と、尊敬と、そして友情をこめて。

ゾイド公式ファンブック2巻には以下のような文章が記されています。

本書を、数多くのゾイドを生み出したTOMYゾイドチームの故・藤野凡平氏に捧げます。
感謝と、尊敬と、そして友情をこめて。


近年発売されたゾイドコンセプトアートの冒頭には次のようにあります。
親愛なる友 BF0001と共に ……
このコンセプトアートの著者である徳山光俊氏は初代ゾイドチームに所属されていました。
藤野氏とともにゾイドの世界観を形作った方です。

このように、藤野凡平氏の名前はゾイドの歴史に深く刻まれたのでした。


参考文献

一次資料

帯ひろ志(2002)「ゾイドバトラー雷刃」2巻 小学館
窪内裕(2001)「機獣新世紀ゾイド公式ファンブック2」 小学館
徳山光俊(2010)「ZOIDS concept art」 ホビージャパン

Webサイト


2chログ等

スレ立てるまでもない質問スレッドinゾイド板4
 http://logsoku.com/thread/hobby.2ch.net/zoid/1077584555/


↑このページのトップヘ