はじめに

以下の記事は現在執筆中であるが、自分用のまとめとして仮のものを上げておく。

最近、改修工廠や機種転換といった装備強化において、様々な装備を要求されるようになった。
以前までは産廃同然であった機銃各種艦戦がその最たるものである。

これらの装備は決して珍しくはないが、いざ改修などに本腰を入れると不足し始めてしまう。
さらに追い打ちをかけるように、機銃を廃棄してネジがもらえる任務まで出現した。

そこで、これらの装備を始めとした量産の必要な装備について開発レシピなどをまとめた。

ただし、資源消費の観点からはなるべく開発に頼りすぎた量産をしないことが大事だ。
つまり、ドロップ艦や牧場による入手も効率的に取り入れていくことが肝要である。

開発の基本

準備中(たぶん)

砲戦系 (戦艦・重巡・工)
水雷系 (駆逐・軽巡・雷巡・練巡・潜・補給)
空母系 (空母・軽母・水母・潜母・装母・航戦・航巡・揚陸・潜母艦)

開発レシピ

最近では、最も消費が激しいのは改修用の消費装備ではないだろうか。
頻出の消費装備や、優先すべき改修で消費するものを中心に見ていく。

開発成功率は特筆が無ければ、執筆時の艦これ統計データベース(仮)(外部サイト)を参考にしている。

主砲

主砲の改修が重要なのは先の記事で述べた。
大口径主砲の装備開発は資源消費が多いため、余力のある時に進めていこう。

w00341cm連装砲, w00346cm三連装砲

試製41cm三連装砲、38cm連装砲改、16inch三連装砲 Mk.7などの改修に必要となる。
特に41cm連装砲はかなりの数が必要となってくる。

長門型は41cm連装砲を1本持参し、Lv.30での改造後には2本持ってくる。
陸奥ならば3-3全域や5-4ボス、イベント海域などで比較的ドロップしやすい。
海域攻略で拾った場合は牧場して回収することをおすすめする。

秘書艦:砲戦系m00110m002251m003250m00410
装備名開発率
w00341cm連装砲7.86%
w00346cm三連装砲3.94%
w013九一式徹甲弾1.99%
w01525mm三連装機銃1.99%

41cm連装砲と46cm三連装砲を狙ったレシピになる。
16inch砲の改修を進める際にはおすすめのレシピとなる。

副産物として九一式徹甲弾も2%程度の確率で落ちる。

秘書艦:砲戦系m00110m002251m003250m00430
装備名開発率
w00341cm連装砲7.81%
w00346cm三連装砲3.97%
w012三式弾4.01%
w013九一式徹甲弾2.09%
w01525mm三連装機銃1.92%

10/251/250/10とほぼ同じレシピだが、三式弾を同時に狙うことができる。
なお、弾薬を増やしても41cm連装砲や46cm三連装砲の開発率はほとんど変わらない。

w01610cm連装高角砲

10cm連装高角砲+高射装置、10cm単装高角砲、8cm高角砲などの改修に必要となる。

睦月型以外の多くの駆逐艦を改造することによって入手できる。
一方、近年実装される駆逐艦は改造後に12.7連装高角砲(後期型)を持参することが多い。
このため、積極的に牧場をしていなければ不足しがちになってしまう。
駆逐艦の改造はLv.20で可能なため、牧場するのも手だ。

開発自体の資源消費は少ないので、デイリー任務と共に地道に進めれば良いだろう。

秘書艦:水雷系、空母系m00110m00210m00330m00410
装備名開発率
w01610cm連装高角砲6.96%
w0168cm高角砲(2.99%)

駆逐艦や空母を秘書官とすることで開発可能である。
最近8cm高角砲が開発可能になったことで開発率が落ちているように感じる。
開発率は過去の累積データから算出されるため、実際の開発率はさらに低いかもしれない。

空母系を秘書官にすると8cm高角砲など余計なものが出なくなる。
また、三式弾、徹甲弾レシピでも開発できることがある。


三式弾, 徹甲弾

改修の優先度が高い装備の一つに徹甲弾がある。
★+6以降の改修のために必要となるため、量産しておこう。

また、洋上補給がもらえるマンスリー任務では三式弾と九一式徹甲弾を消費する。
少なくとも月一のペースで作っておきたいところだ。

w012三式弾, w013徹甲弾

秘書艦:砲戦系m00110m00290m00390m00430
装備名開発率
w012三式弾3.86%
w013九一式徹甲弾3.80%
w01610cm連装高角砲2.28%
w01525mm三連装機銃1.98%

任務で消費する三式弾と徹甲弾を両方狙えるレシピである。
どちらも必要な場合はとりあえずこれを回しておくと良い。

46cm三連装砲なども要る場合は大口径主砲のレシピで開発するのも良いだろう。

w013徹甲弾

秘書艦:砲戦系m00110m00230m00390m00410
装備名開発率
w013九一式徹甲弾3.87%
w01610cm連装高角砲2.13%
w01525mm三連装機銃2.01%

こちらは三式弾が出ない九一式徹甲弾だけを狙ったレシピになる。
開発率は10/90/90/30とほぼ同じだが、弾薬とボーキサイトを少しだけ節約できる。


艦載機

最近、機種転換任務や艦載機の改修に艦載機を要求されることが多くなってきた。
以前までは拾った艦や開発のハズレで間に合っていたのも、今では不足する場合もある。
廃棄や消費のために開発するのも馬鹿らしいが、なるべく効率良く生産して使っていこう。

なお、以下はあくまで改修素材となる艦載機を狙い撃ちするためのレシピである。
上位の艦載機も足りない場合は20/60/10/110などの上位レシピのハズレを待ったほうが良い。

w006烈風

試製景雲(艦偵型)、零式艦戦63型(爆戦)、零式艦戦63型(爆戦)の改修で消費する。
この他に、機種転換任務で要求されることもある。

それほど多くは消費しないが、烈風自体が数を要する装備なので開発しておいて損はない。

秘書艦:空母系m00120m00220m00310m00490
装備名開発率
w006烈風1.97%
w006紫電改二2.00%
w006零式艦戦52型9.00%
w006零式艦戦32型(0.79%)
w006零式艦戦21型6.31%
w006九六式艦戦3.97%

烈風の理論値レシピであり、烈風をピンポイントで狙う場合に使える。
流星改や彩雲などの艦載機も不足している場合は20/10/60/110を回したほうが良い。

意外と零戦52型の出現率が高そうなので、52型狙いで回すのも悪くない。
開発率は過去の累計報告数を母数としている。
最近開発可能になった零式艦戦32型の実際の開発率はもう少し高いだろう。

w006紫電改二

F6F-3、強風改の改修で消費する。
どちらかというと改修餌などとして消費する場面は少ない。
急ぐ場合以外は、烈風レシピなどの上位艦載機レシピのハズレを待つのが得策である。

回避+3が付与されたため、高い制空値を必要としない海域では烈風の代替となりうる。

秘書艦:空母系m00120m00220m00310m00470
装備名開発率
w006紫電改二2.06%
w006零式艦戦52型8.16%
w006零式艦戦32型(1.74%)
w006零式艦戦21型8.83%
w006九六式艦戦4.31%

紫電改二の理論値レシピであり、ピンポイントで狙う場合に使える。
データベースの登録データの母数が少ないため、開発率は参考程度に留めたい。
また、零式艦戦32型は最近開発可能になったため、開発率が低めに算出されている。

w006零式艦戦52型

零式艦戦53型(岩本隊)、零戦52型丙(付岩井小隊)、零式艦戦52型(熟練)などの改修で消費する。
改修で複数個要求される上に機種転換任務などでの消費も多い。

開発以外の入手法としては、ほとんどの日本空母が改で持参する。
鳳翔や飛鷹型はLv.25で改造可能なため比較的量産がしやすい。
蒼龍と飛龍も改で持参するため、江草、友永目的の牧場ついでに集めよう。
翔鶴(Lv.30)、瑞鶴(Lv.25)や千歳型(Lv.35, 50)では12cm30連装噴進砲と共に持参する。

秘書艦:空母系m00110m00220m00310m00430
装備名開発率
w006零式艦戦52型7.99%
w006零式艦戦32型(1.66%)
w006零式艦戦21型6.60%
w006九六式艦戦3.97%

零式艦戦52型の理論値レシピ。最近では32型も出るようになって成功率が下がりつつあるようだ。
零式艦戦32型は最近開発可能になったため、開発率は参考程度に留めたい。

w006零式艦戦21型

零式艦戦21型、零式艦戦21型(熟練)、零式水上偵察機などの改修で消費する。
機種転換任務で要求される場面もある。

零式艦戦21型(熟練)や派生機体の零式艦戦52型(熟練)、零式艦戦32型(熟練)は有用である。
零式艦戦21型(熟練)の改修は余力があれば進めておきたいところである。

開発以外の入手法としては、雲龍型を除く日本正規空母がドロップ時に持参する。
千歳型は千歳型航(Lv.15)で持参するため、牧場はしやすいだろう。

秘書艦:空母系m00110m00210m00310m00420
装備名開発率
w006零式艦戦21型4.74%
w006九六式艦戦4.05%

零式艦戦21型の理論値レシピ。九六式艦戦も出る。

秘書艦:空母系m00110m00210m00320m00420
装備名開発率
w006零式艦戦21型7.28%
w006九六式艦戦3.78%
w010零式水上観測機1.86%

零式艦戦21型だけでなく零式水上観測機も同時に狙える。

w006九六式艦戦

九六式艦戦の改修で消費するほか、任務でも消費することがある。

飛鷹型と龍驤がドロップ時に持ってくる。
最低値レシピでも頻繁に出るため、不足することは少ないかもしれない。

秘書艦:全艦種m00110m00210m00310m00411
装備名開発率
w006九六式艦戦3.98%

ボーキサイトを最大にすることで最低値レシピから一部の装備を除外できる。
主砲や魚雷が出なくなるので、開発資材の節約となる。
秘書官が水雷系だと4%弱の確率で九三式水中聴音機も開発可能となる。

秘書艦:全艦種m00110m00210m00310m00410
装備名開発率
w006九六式艦戦1.77%

俗に言う最低値レシピ。詳細は後述


機銃

多くは最低値レシピとほぼ同じだが、鋼材を最大にするのがポイントである。
最低値レシピで落ちる多くのその他装備も開発可能である。
以下は資源消費を抑えつつ、機銃を集めたい場合のレシピとなる。

機銃は多くの秘書官、レシピで開発可能となっている。
先に他の必要装備の開発を進め、ハズレとして出たものを利用しよう。

w0157.7mm機銃, w01512.7mm単装機銃, w01525mm単装機銃

8cm高角砲、九六式艦戦、大発動艇、特二式内火艇などの改修で消費する。
廃棄任務で消費することもある。

7.7mm機銃に関しては、睦月、天龍型、古鷹、青葉型、金剛型の初期装備でもある。

秘書艦:全艦種m00110m00210m00311m00410
装備名開発率
w0157.7mm機銃4.47%
w01512.7mm単装機銃2.77%
w01525mm単装機銃2.57%
w025ドラム缶(輸送用)3.46%

単装機銃については、鋼材を最大にすることであらゆる艦種で開発が可能となる。
秘書官を駆逐艦などの水雷系にするとドラム缶も開発可能となる。
九六式艦戦などの雑魚装備は秘書官によって開発可能なものが若干変化する。

秘書艦:全艦種m00110m00210m00310m00410
俗に言う最低値レシピ。詳細は後述


最低値

すべての開発投入資源を最低設定値である10にして行うレシピを最低値レシピと呼ぶ。
主にデイリー任務消化のためのレシピだが、ドラム缶など有用な装備も落ちる。

秘書艦:全艦種m00110m00210m00310m00410
装備名開発率
w00112cm単装砲4.76%
w00561cm三連装魚雷2.90%
w006九六式艦戦1.77%
w0157.7mm機銃5.75%
w01512.7mm単装機銃4.35%
w01525mm単装機銃1.76%
w025ドラム缶(輸送用)2.00%

砲戦系、水雷系、空母系の最も初級の装備が開発できる。
これらに加えて単装機銃とドラム缶(水雷系のみ)が開発できる。