目次

AutoHotKeyとは

AutoHotKeyは、キーのリマップ、無効化、ホットキーなどを設定することができる。

具体的には、例えばスペースの両隣に位置する「無変換」と「変換」キー。
使い勝手のいい場所にありながら、大した役割がない。

こういうキーを修飾キーのようにして、様々な動作を色々なホットキーに割り当てることができるのだ。

また、押し間違えて面倒くさいことになるCapsLockやNumLock、Insertのようなキーを無効化、
あるいは別の動作を割り当ててしまうことで有効活用しようというわけだ。

詳しいことはAutoHotkey Wikiにお任せして、基本的に初心者な自分用の覚え書きである。

導入

インストーラ版

  1. AutoHotKeyの公式サイトへ行き、「Download AutoHotkey」というバナーを押してinstallerをDL。
  2. 「Custom Installation」を選ぶ。
    001
  3. WindowsのOSのバージョンに合わせて選択する。特に理由がない場合は日本語の取り扱いが容易なUnicode版を選ぶ。
    64bit版OSの場合は「Unicode 64-bit」推奨。
    002
  4. インストール先の設定とスタートメニューのプログラムグループの作成。
    003
  5. オプションを設定して「Install」。
    Install script compiler
     記述したスクリプトをexe形式にコンパイルするツールのインストール。
    Enable drag & drop
     スクリプトファイル(.ahk)をドロップすることでスクリプトを起動する。
    Separate taskbar buttons
     ウィンドウを持つスクリプトを別プログラムとして扱うが、タスクバーにピン止めができなくなる。
    004

アーカイブ版

  1. AutoHotKeyの公式サイトへ行き、「Portable Downloads」の「Binaries」からファイルをDL。
    OSのバージョンに合わせて32/64bit版を選択し、文字コードは特に理由がない場合はUnicode版を選ぶ。
  2. 任意のフォルダに展開して完了。

スクリプトの実行

スクリプトはテキストエディタを用いて記述する。Win標準のメモ帳などでよい。
適当なテキストファイルを作成し、拡張子を「.ahk」に変更する。
以下の例のように、インストールしたAutoHotKey.exeと同じフォルダ内に置く。

Program Files
└ AutoHotkey
 ├ AutoHotkey.exe
 └ AutoHotkey.ahk

その後、AutoHotKey.exeを起動するとタスクトレイにアイコンが表示される。
インストーラ版であればahkファイルをダブルクリックしても起動できる。
005

また、トレイアイコンを右クリックして、Edit This Scriptからスクリプトの内容を編集できる。
編集後は保存してから、トレイアイコンを右クリックしてReload This Scriptを行う。

スクリプト文法

基本事項

基本的には「キー::コマンド」の形で記述する。

キーの指定は、多くの場合、キー名をそのまま記述する。
日本語キーボードのキーなどはコードで指定するが、詳細はキーリスト(AutoHotkey Wiki)に。

修飾キーの記述方法
&コンビネーション
(&の前後に半角スペース)
+Shift
^Ctrl
!Alt
#Win
< or >左右にあるキーの指定

コメントアウトは以下のように";"を文頭に付ける。
;------------------------------------
; コメント
;------------------------------------

リマップ

a::b
	; AキーをBキーへと置き換える。
	; 修飾キーなどがあっても置換され、Ctrl + AはCtrl + Bへと置き換わる。

^a::b
a::^b
	; Ctrl + AをBキー / AキーをCtrl + Bへと置き換える。
	; キー修飾は"&"以外が利用でき、置換後にも修飾キーを設定できる。

+a::B
	;Shift + Aを大文字のBへと置き換える。
単純なリマップを行うことはあまりなく、AutoHotKeyも本来はリマップを目的としたものではない。

ホットキーと無効化

基本的な文法は変わらず、コマンドに様々な動作を指定できる。
通常、修飾キーとして使えないキーも"&"を用いて設定できる。
If条件文や関数を組み込むこともできるが、最後にReturnを記述する。
使えるコマンド一覧はこちら(AutoHotKey Wiki)
;------------------------------------
; 無変換を修飾キーとしてカーソル操作
;------------------------------------
vk1Dsc07B & i:: Send, {Up}
vk1Dsc07B & k:: Send, {Down}
vk1Dsc07B & j:: Send, {Left}
vk1Dsc07B & l:: Send, {Right}

;------------------------------------
; トグルキーの無効化
;------------------------------------
Insert::Return
ScrollLock::Return
NumLock::Return
日本語キーボードのCapsLockやカナロック、半角/全角キーなどは上手く指定できない場合があるので、レジストリからの書き換えを行うことで対処する(こちら)。

なお、先頭のキーとなったキーは単体で機能しなくなる。
1つでもキーに"~"を付与すると無効化されなくなる。
;------------------------------------
; 無変換を修飾キーとしてカーソル操作
;------------------------------------
~vk1Dsc07B & i:: Send, {Up}
vk1Dsc07B & k:: Send, {Down}
vk1Dsc07B & j:: Send, {Left}
vk1Dsc07B & l:: Send, {Right}