ライブドアブログの仕様上、スマホでご覧の方は「PC版サイトを見る」などの設定を推奨 する。

▼ 目次

各海域の攻略記事は以下のとおり。
E-1甲「作戦準備!後方兵站線確保」
E-2甲「海峡奪還作戦」
E-3甲「西方敵前線泊地を叩け!」
E-4甲「ジェノヴァの風」
E-5甲「全力出撃!新ライン演習作戦」

2018年初秋イベント:
期間限定海域【抜錨!連合艦隊、西へ!】

当記事は2018年初秋イベントの攻略時の編成などのメモである。
主に自分用のまとめであるが、提督諸氏の助けになると幸いである。
第二ゲージで想定以上に沼り、仕事でプレイ時間がないため攻略を中止した。
結果欄には50回程度までしか記録していないが、以後数十回の出撃をしている。

13年秋イベに初参加、完全攻略から以後全海域を最高難度でクリアしてきた。
が、それも今回で終わりである。ちょっと残念だが、やっと甲の呪いから開放される。
次回以降のイベント攻略の難度選択は未定である。そもそもやるかも分からない。

運営からイベント期間延長のお知らせがあったため、週末にかけて攻略再開を検討中。

上記のような文章を書きておきながら、甲難度での第三ゲージ撃破に成功した。
恥ずかしい話であるが、甲難度の呪いは継続することとなった。
順次、第二ゲージ以降の内容を加筆修正していく予定である。

2018.09.23 記事作成
2018.09.30 攻略中止
2018.10.02 攻略再開を検討中
2018.10.06 甲難度攻略完了

今回のイベントでは以下のように出撃制限札が付くことがわかっている。
丙、丁難度と支援艦隊はこの制限を受けない。
E-5の出撃制限は甲難度のみ (乙以下も制限札は付く) 。
E-5甲の出撃制限札は、第一ゲージ出撃でForce Hが付く。
第二ゲージに水上打撃で出撃するとライン演習艦隊、空母機動でForce Hが付く。
第三ゲージはForce Hかライン演習艦隊のいずれかに統一する必要がある。
前段作戦後段作戦

E-1E-2E-3E-4E-5 第一E-5 第二E-5 第三
艦隊通常通常連合連合/通常連合連合連合
警戒部隊××××××
海峡派遣部隊××××××
西方作戦部隊××××××
欧州特務部隊××××××
Force H××××
ライン演習×××××
基地航空隊
出撃 ( + 防空)
0122+13

【後段作戦】欧州作戦海域方面 北海/北大西洋海域「全力出撃!新ライン演習作戦」

kancolle_20180922-224952370
出撃制限Force H
ライン演習
第一戦力ゲージHP最短4回 (甲難度)
第二戦力ゲージHP最短回 (甲難度)
第三戦力ゲージHP最短回 (甲難度)
海域撃破ボーナス共通Nelson
甲種勲章×1、勲章×2、改修資材×10、16inch Mk.I三連装砲改+FCR type284×1、Ju87C改二(KMX搭載機/熟練)×1
勲章×2、改修資材×7、16inch Mk.I三連装砲改+FCR type284×1
丙勲章×2




出撃制限があるため、以下の予想される史実艦の編成には十分注意する。
赤字で示した艦はすでにルート固定または特攻が確認されている。
  • セイロン沖海戦参加艦艇 (E-3)
    赤城、蒼龍、飛龍、翔鶴、瑞鶴
    金剛、比叡、榛名、霧島 → E-5で特攻の可能性
    利根、筑摩、鈴谷、熊野 → 利根型にE-3で特攻の可能性
    名取、鬼怒、阿武隈、川内
    吹雪、白雪、初雪、叢雲、浦波、綾波、敷波、天霧、村雨、夕立、春雨、五月雨、霞、霰、陽炎、不知火、黒潮、親潮、浦風、磯風、浜風、谷風、萩風、舞風、秋雲
  • ライン演習作戦参加艦艇
    Bismarck
    Prinz Eugen
  • H部隊 (ライン演習艦隊迎撃) (E-5)
    Ark Royal
  • その他 (E-5)
    Warspite、Nelson、Jervis、Richelieu、Гангут、Italia、Roma、Aquila、Zara、Pola、Maestrale、Libeccio

  • 海域

    第一戦力ゲージ (Force H)

    攻略ルート

    e5root1
    進行ルート
    欧州艦6隻以上
    C (対潜) → A → D (能動選択) → E → J (ボス)
    欧州艦6隻未満
    C (対潜) → A → B (空襲) → D (能動選択) → E → J (ボス)
    陣形選択
    C第一警戒 → A第四警戒 → E第四警戒 → J 第四警戒
    C第一警戒 → A第四警戒 → B第二警戒 → E第四警戒 → J 第四警戒

    基地航空隊

    必要行動半径
    Cマス: 6
    Jマス: 4
    基地航空隊_20181006-181042664
    第一ゲージ削りでは、第一と第二をボスに集中、第三をCマスに送るのが良いだろう。
    第三航空隊は試製東海を3中隊編成しよう。Swordfishなどは行動半径が足りない。
    上記画像だと操作ミスで局戦が配置転換中だが、当然ながら不要だ。

    基地航空隊_20180925-213822002
    最終形態では敵編成が少し強化されるため、全航空隊をボスに集中させる。
    しっかりとした編成で挑めばゲージ破壊は容易いだろう。

    第二戦力ゲージ (ライン演習)

    攻略ルート

    e5root2
    進行ルート
    U (不戦) → V (不戦) → T (対戦) → R (不戦) → Q (不戦) → P → L → O (不戦) → W (ボス)
    陣形選択
    T第一警戒 → P第四警戒 → L第四警戒 → W第四警戒

    基地航空隊

    必要行動半径
    Tマス: 2
    Wマス: 2
    基地航空隊_20181006-181042664
    前哨戦ではボス到達率とボス戦火力の両立を図ろう。
    第一、第二航空隊をボスへ集中、第三航空隊は対潜哨戒としてTマスに集中させる。
    Pマスでの大破も多いが、これ以上道中に割くとボス戦がかなり苦しい。
    道中支援と決戦支援をフル出撃させていこう。

    基地航空隊_20180925-213822002
    最終決戦では全基地航空隊をボスマスへ集中させる。
    第一艦隊のPT小鬼を開幕で落とせなかった場合、旗艦撃沈は絶望的と思っていい。
    Tマスは第二艦隊だけでもキラ付けをし、回避を祈るしかない。
    上記画像では熟練度が剥がれているが、最低でも\\までは付け直したい。
    理想は>>だが、たまに未帰還機多数となるため、労力を勘案して行おう。

    ルート開放 第一段階 (Force H)

    攻略ルート

    e5root3
    e5root4
    進行ルート
    C (対潜) → A → D (能動選択) → F (能動選択) → H
    C (対潜) → A → D (能動選択) → F (能動選択) → I
    陣形選択
    C第一警戒 → A第四警戒 → H第四警戒
    C第一警戒 → A第四警戒 → I第四警戒

    ギミック

    第二ゲージを破壊後に以下の条件を満たすことでHマスから先が開放される。
    IマスでA勝利以上をとる。
    HマスでA勝利以上をとる。

    基地航空隊

    必要行動半径
    Hマス: 4
    Iマス: 3
    基地航空隊_20181006-181042664
    基地航空隊は第一、第二航空隊を陸戦1陸攻3の編成としてH, Iマスに集中させる。
    第三航空隊はCマスに集中させ、確実に対潜マスを通過したい。
    基地航空隊を2部隊集中させれば火力は十分なので、支援艦隊は無くても大丈夫だろう。

    ルート開放 第二段階 (ライン演習)

    攻略ルート

    e5root5
    進行ルート
    U (不戦) → V (不戦) → T (対戦) → R (不戦) → Q (不戦) → M → K (空襲)
    陣形選択
    T第一警戒 → M第四警戒 → K第三警戒

    ギミック

    ルート開放 第一段階をクリア後、以下の条件を満たすことでZ3マスが開放され、M-X間が通過できるようになる。
    基地航空隊で被害なしor被害軽微 (航空優勢以上) を2回行う。
    TマスでS勝利する。
    Kマスで2回航空優勢を取る。

    基地航空隊

    必要行動半径
    Kマス: 3(?)
    Tマス: 2
    基地航空隊は全航空隊を陸攻および局戦で編成し、全て防空とする。
    第一艦隊を制空編成、第二艦隊を対潜編成にしてKマスとTマスをクリアする。
    こうすることで最短2回で全てのギミック解除条件をクリアできる。
    Kマス航空優勢が難しい場合は、第一、第二を戦闘機だけで編成してKマスへ送る。
    TマスS勝利が難しい場合は第三航空隊をTマスに集中させる。

    上位の陸戦や局戦があれば2部隊で防空できるので、1部隊はK, Tマスに送っても良い。

    第三戦力ゲージ (Force H, ライン演習)

    水上打撃部隊攻略ルート (ライン演習)

    e5root6
    進行ルート
    U (不戦) → V (不戦) → T (対戦) → R (不戦) → Q (不戦) → M → X (不戦) → Z3 (空襲) → Z2 (ボス)
    陣形選択
    T第一警戒 → M第四警戒 → Z3第三警戒 → Z2第四警戒

    空母機動部隊攻略ルート (Force H)

    e5root7
    進行ルート
    C (対潜) → A → D (能動選択) → F (能動選択) → H → X (不戦) → Z3 (空襲) → Z2 (ボス)
    陣形選択
    C第一警戒 → A第四警戒 → H第四警戒 → Z3第三警戒 → Z2第四警戒

    ギミック

    ボスが最終形態の欧州水姫-壊になった後、以下の条件を満たすとボス編成へのダメージ量と命中が上昇する。
    水上打撃部隊 (ライン演習) でA勝利する。
    空母機動部隊 (ForceH) でA勝利する。

    基地航空隊

    必要行動半径
    Cマス: 6
    Tマス: 2
    Z2マス: 7
    基地航空隊_20181006-181042664
    前哨戦では水上打撃部隊、空母機動部隊いずれも上記の編成とする。
    CマスやTマスで対潜戦闘があるが、対潜装備で固める余裕はない。
    第三航空隊はC, T各対潜マスに集中させて突破したい。

    第一、第二航空隊は陸戦1陸攻3の編成とし、制空値130程度で劣勢削りを行う。

    基地航空隊_20181003-000427104
    最終形態突入後は敵編成が強化されるため、3部隊ともボスへと集中させる。
    対潜マスはキラ付けをした第二艦隊の回避を祈ることになる。
    C, Tマスで梯形陣の4隻編成を引いた時は諦めよう…。

    熟練度は都度付け直すのが良いだろう。
    最終形態ではボス艦隊へのダメージ量と命中が増すが、姫級は簡単には落ちない。
    高い熟練度で確実に基地航空隊の攻撃を当てて行きたいところだ。

    編成

    以下の編成における欧州艦に該当する艦は以下の通り。
    英国: Nelson、Warspite、Ark Royal、Jervis
    独国: Bismarck、Prinz Eugen、Graf Zeppelin、Z1、Z3、U-511/呂500
    仏国: Richelieu、Comandant teste
    伊国: Italia、Roma、Zara、Pola、Aquila、Libeccio、Maestrale
    蘇国: Гангут、Ташкент、Верный
    瑞国: Gotland

    第一戦力ゲージ編成 (Force H)

    前哨戦 / 最終決戦

    攻略編成_20180925-004002834
    第一ゲージの特攻艦を中心に、第三ゲージの空母機動部隊で使う予定の艦を編成した。
    第一ゲージは編成の自由度が高く、敵もそれほど強くない。
    先に第二ゲージと第三ゲージの割り振りを決めてから編成しよう。
    第二ゲージ以降では水上打撃部隊の編成も必須となるため、戦力の偏りに注意する。

    編成の条件はかなり緩いようで、欧州艦が6隻以上 (甲難度) で最短となる。
    6隻に満たなくとも、道中で空襲戦が1回増えるだけである。
    無理に6隻を満たし、第二ゲージで頭数が足りなくなるようなことがないように。

    特攻艦はWarspite、Ark Royal、Jervis、金剛型である。
    Гангутは第二ゲージで特攻になるという情報もある。気になる場合は温存を。
    装備構成はスタンダードな空母カットイン、徹甲弾弾着装備、魚雷カットインなどだ。
    正攻法で叩ける数少ない機会かもしれない。

    第二戦力ゲージ編成 (ライン演習)

    道中、ボスともに極めて苦しい海域となる。
    支援艦隊、基地航空隊を全力で出していかなければゲージ破壊は困難を極めるだろう。

    特攻艦は独艦および仏艦の全てと見られる。Гангутも特攻艦であるという情報もある。
    陸上施設には大発や内火艇、WG42などに大幅な補正がある。

    前哨戦

    編成1
    攻略編成_20180929-000408697
    最終的に落ち着いた前哨戦の編成である。
    独艦+仏艦が4隻以上で雷巡の編成が可能となり、水母1以上で戦艦+空母4が編成できる。

    最終決戦の編成と分けて掲載しているが、前哨戦から最終形態編成を採用しても良い。
    その場合、PT小鬼撃ち漏らしが課題となるが、どちらが良いかは一長一短である。

    第一艦隊は戦艦と重巡/航巡を主力に、制空編成のIntrepidと制空補助の航巡とした。
    Pola等の伊艦を編成すると一部の友軍艦隊が来なくなる。
    筆者はZara編成を意図的に弾くために採用しているが、各提督の好みで航巡に変えよう。

    第二艦隊は2隻目のRichelieuを編成しているが、Bismarckを採用するのが一般的だろう。
    筆者は第三ゲージの特攻艦として温存している。
    削り編成では雷巡を採用していないが、最終的に必要となって編成することになった。
    独艦+仏艦が4隻以上の編成を意識して組むのが良いと思われる。
    Commandant testeと由良改二は対地装備の連撃構成とし、随伴艦の撃破を狙う。
    由良の代わりには大淀あたりが候補となる。
    駆逐は魚雷カットインかPT小鬼対策の装備構成とする。
    戦艦に探照灯を載せているが、駆逐に任せたほうが効果的かもしれない。
    Prinz Eugenは幸運艦かつ史実艦として魚雷カットイン構成で最後の一撃を任せる。

    編成2
    攻略編成_20180925-233958026
    水母1以上で戦艦+空母4が編成できので、軽空母2隻に艦攻1艦戦3とした編成である。
    艦攻ではなく艦爆を装備すると、旗艦にピンポイントでカスダメを蓄積させられる。

    第一艦隊の空母が火力要員となる一方で、中破以上による置物化のリスクは増した。
    結果的に編成1よりボス戦での火力が低下したように感じた。
    一方、道中では開幕攻撃で多少ダメージを稼げる要素もある。

    第二艦隊は運の低い駆逐の魚雷カットイン構成は断念し、PT小鬼対策の装備である。
    うち1隻を探照灯デコイにしても良いので、こちらの構成はまだ現実的である。

    最終決戦

    攻略編成_20180930-214922809
    当初は北上を温存した上でのクリアを狙っていたが、断念してこちらの編成とした。
    独艦+仏艦が4隻以上で雷巡の編成が可能となり、水母1以上で戦艦+空母4が編成できる。
    魚雷カットイン艦の頭数が少ないとゲージ撃破は極めて困難である。

    第一艦隊は重巡を減らし、Commandant testeを制空編成として第一艦に移した。
    Intrepidは空母カットイン装備とし、艦爆により旗艦をピンポイントで削っていく。
    上記編成では航巡による制空補助が不要となるため、三式弾を搭載した。

    第二艦隊は旗艦に対地装備の由良を編成し、随伴艦撃破を狙う。
    Z3には探照灯を載せ、カットイン率を上げつつデコイ担当とした。
    また、Z1から魚雷カットインが狙える綾波に変更した。
    さらに運改修を施した北上も編成し、魚雷カットインを確実に決めていく。
    なお、旗艦以外は陸上施設なので魚雷カットインは旗艦にしか発動しない。
    見かけ上、極めて発動率が低くなるが安心して魚雷カットインを狙っていこう。

    PT小鬼対策が無くなったので、開幕でPT小鬼を落とせなかった時は絶望的である。
    PT対策をする余裕は無く、熟練度を上げた基地航空隊を3部隊集中して対策とする。
    同時にTマスでの大破撤退が大幅に増えるため、第二艦隊だけはキラ付けをしよう。
    支援艦隊を対潜/航空支援にするのも手だが、Pマスでのボーキ消費は手痛い(かも)。
    道中支援、決戦支援、基地航空隊、全てを万全の状態にして本隊を補助しよう。

    ルート開放第一段階編成

    H, Iマス攻略編成

    攻略編成_20180930-224922809
    ほとんど第一ゲージの攻略編成と同じ編成、装備構成である。
    基地航空隊に対潜を任せ、適当な装備構成で挑もう。
    基地航空隊の火力で十分なので、支援艦隊は不要である。

    ルート開放第二段階編成

    K, Tマス攻略編成

    攻略編成_20181001-002015849
    第一艦隊は前哨戦編成2のような構成とし、水母は編成から外した。
    水母が居るとQマスからPマスへと進むが、Mマスの方が突破が多少容易である。
    Kマスでの航空優勢ラインは最大で576と高く、航巡の水戦補助が必要となるだろう。
    幸い、道中の敵は比較的弱いので、空母や航巡を置物としても突破はできるはずだ。
    突破が困難な場合は、M, Pマスにしか来ないが、道中支援を使っても良い。

    第二艦隊は対潜先制爆雷攻撃ができる装備構成とした。
    欧州艦6隻となるように組んでいるが、雷巡を抜けば6隻未満でも問題ないと見られる。
    筆者は札付きが増えるのを嫌って第二ゲージの艦だけで編成している。
    第二艦隊が戦闘をすることもあるため、重巡と戦艦は標準的な弾着装備としている。

    第三戦力ゲージ編成

    ギミック解除までは高い装甲と耐久、強力な随伴艦に悩まされる。
    ギミック解除後は敵艦隊全体が弱体化し、第二ゲージラストよりもかなり難度が下がる。

    特攻艦は英国艦全て、Bismarck、Prinz Eugen、伊国艦全てとみられる。
    また、水戦、水爆、艦爆、Swordfish系、三式弾に特攻があるという情報もある。
    装備特攻に関しては要検証である。

    前哨戦~ボスギミック解除編成

    攻略編成_20181003-063254462
    前哨戦はボス到達率が高い水上打撃部隊が良いだろう。
    ただし、大型艦の編成数に制限が大きいため、艦隊としての火力は意外と低めである。
    伊艦を採用すると一部の有力な友軍艦隊が来なくなるため、予め確認のこと。

    第一艦隊には拾ったばかりのBismarckを編成している。
    下手な戦艦や重巡より史実艦のBismarckの方が火力が出るのでおすすめだ。
    欧州艦6隻以上で戦艦+空母を4隻編成できるので、軽空母2隻とした。
    彩雲を載せつつ、空母夏姫に対して航空優勢~制空権確保が狙える。

    第二艦隊は第二ゲージ以上にカットイン艦を多数採用した。
    敵第一艦隊は前哨戦で4隻が姫級、最終形態では6隻全てが姫級となる。
    特にギミック解除条件「最終形態にA勝利」の達成には魚雷カットインは必須である。

    前哨戦では基地航空隊で対潜対策とするが、ギミック解除時にはキラ付けで回避を狙う。
    最終形態では基地航空隊の全てをボスへと集中させ、第二艦隊壊滅を狙う。
    夜戦で第一艦隊の姫級を2隻落とし、合計8隻を撃沈すればA勝利となる。

    ボスギミック解除編成~最終決戦

    攻略編成_20181003-215522550
    道中が水上打撃よりも長いが、編成の自由度が多少高い空母機動部隊で最後を決める。
    特に最終形態のボス編成は制空値が上がるため、空母機動部隊が圧倒的に有利である。

    第一艦隊は特攻艦のArk Royal、Graf Zeppelin、Aquila、Warspite、Bismarckを採用した。
    AquilaやGraf Zeppelinを編成すると一部の有力な友軍艦隊が来なくなるので注意する。
    特にAquilaは装甲空母の翔鶴や大鳳、Saratogaに変更しても良いだろう。
    空母カットインならば高火力を狙えるが、搭載数が少ないスロットは全滅も起こりうる。
    艦攻、艦爆は搭載数の多いスロットに載せておこう。
    Bismarckをライン演習艦隊に組み込んだ場合は大和型の採用も候補となりうる。

    第二艦隊は欧州艦6隻以上の条件を満たしつつ、魚雷カットインを狙う編成である。
    2隻目のPrinz EugenおよびJervisを特攻艦枠で採用している。
    ギミック解除後は雪風やТашкентなど非特攻艦でも高火力が期待できる。
    秋月に探照灯を載せてデコイとしつつ、対空カットインで防空を行う。
    その他艦は見張員や照明弾を載せつつ魚雷カットイン装備で埋め尽くした。


    支援艦隊

    攻略編成_20181006-212923009
    ルート開放ギミック以外では、道中支援と決戦支援を常に出撃させたい。
    第一ゲージと第三ゲージ前哨戦の水上打撃ルートは道中支援が無くとも突破は可能だ。
    道中支援は全艦キラ付けを行い、高確率で到着してくれるようにしたい。

    敵編成

    道中編成

    ▼ 道中編成

    ボス

    第一戦力ゲージ

    e-5-1boss1
    戦艦「戦艦夏姫」
    耐久: 530

    近年のボス装甲が異常な中、史実艦特攻などと相まって、非常に柔らかい (錯覚) 。
    第一ゲージ攻略で苦労するようでは本海域を突破することは到底できない。
    速やかに難度を落とすことを推奨する。

    Jマス (前哨戦 / 最終決戦)


    第二戦力ゲージ

    e5boss2
    高速戦艦「戦艦仏棲姫 バカンスmode」
    耐久: 770

    e5boss3
    高速戦艦「戦艦仏棲姫 バカンスmode-壊」
    耐久: 770

    かつて「西方再打通!欧州救援作戦」E-4で猛威を奮った艦がバカンス仕様で再登場した。
    耐久が増した上に、編成制限により撃破は困難を極め、難度は先のイベの比ではない。
    実質、第二ゲージが最大の山場となる。

    Wマス (前哨戦 / 最終決戦)


    第三戦力ゲージ

    e5boss4
    戦艦「欧州水姫」
    耐久: 900

    e5boss5
    戦艦「欧州水姫-壊」
    耐久: 900

    e5boss6
    戦艦「欧州水姫-壊」ギミック解除後
    耐久: 900

    耐久、装甲共に最高クラスの性能を誇り、随伴艦の硬さも相まって撃沈は困難である。
    ギミック解除後はダメージ量が大幅に増加し、難度は急激に低下する。
    ギミック解除を乗り越えれば、掘りも比較的容易な良心的ボスとなる (感覚の麻痺) 。

    マス (前哨戦 / 最終決戦)


    結果

    kancolle_20180925-004425763
    攻略の前後の資源状況は上図の通り。
    沼りすぎて燃料弾薬が10万以上溶けている……。

    攻略中にはBismarckやGotlandがドロップしたので、その点はまだ救いがあったか。
    kancolle_20181004-005302535

    括弧内は輸送量または与ダメ
    1回目 JマスボスS勝利 (530)  Bismarck
    2回目 JマスボスS勝利 (530)  日向
    3回目 JマスボスA勝利 (530)  暁 以下最終形態
    4回目 JマスボスS勝利 (530)  暁 第一ゲージ破壊
    5回目 WマスボスA勝利 (588)
    6回目 Pマス大破撤退
    7回目 WマスボスA勝利 (606)
    8回目 WマスボスA勝利 (628)  時雨
    9回目 WマスボスA勝利 (358)
    10回目 Tマス大破撤退
    11回目 WマスボスC敗北 (643)  以下最終形態
    12回目 WマスボスA勝利
    13回目 Tマス大破撤退
    14回目 WマスボスA勝利
    15回目 Tマス大破撤退
    16回目 Tマス大破撤退
    17回目 WマスボスA勝利
    18回目 Pマス大破撤退
    19回目 Tマス大破撤退
    20回目 Tマス大破撤退
    21回目 WマスボスA勝利
    22回目 Pマス大破撤退
    23回目 Tマス大破撤退
    24回目 Pマス大破撤退
    25回目 WマスボスA勝利
    26回目 WマスボスA勝利
    27回目 WマスボスC敗北
    28回目 WマスボスA勝利
    29回目 Pマス大破撤退
    30回目 Tマス大破撤退
    31回目 WマスボスA勝利
    32回目 WマスボスA勝利
    33回目 Tマス大破撤退
    34回目 Lマス大破撤退
    35回目 Pマス大破撤退
    36回目 Tマス大破撤退
    37回目 WマスボスA勝利
    38回目 WマスボスA勝利
    39回目 WマスボスA勝利
    40回目 WマスボスA勝利
    41回目 WマスボスA勝利 長良
    42回目 WマスボスA勝利
    43回目 WマスボスA勝利
    44回目 Pマス大破撤退
    45回目 WマスボスA勝利 皐月
    46回目 WマスボスA勝利
    47回目 Pマス大破撤退
    48回目~約80回目? 記録なし、第二ゲージ破壊、各ギミック解除
    以下、第三ゲージ、出撃回数リセット
    1回目 水上A勝利(221_221/4500) 初春
    2回目 水上A勝利(367_588/4500) 扶桑
    3回目 水上A勝利(244_832/4500) 睦月
    4回目 Mマス大破撤退
    5回目 水上A勝利(175_1007/4500) 陸奥
    6回目 水上A勝利(495_1502/4500) 山城
    7回目 Mマス大破撤退
    8回目 Mマス大破撤退
    9回目 Mマス大破撤退
    10回目 水上A勝利(281_1783/4500) 妙高
    11回目 水上A勝利(186_1969/4500) 高雄
    12回目 水上A勝利(225-449_>2194/4500) 那珂
    13回目 水上A勝利(352_>2446/4500) 長門
    14回目 Mマス大破撤退
    15回目 水上A勝利(186_>2632/4500) 熊野
    16回目 水上A勝利(440_>3072/4500) 五十鈴
    17回目 水上A勝利(55_>3127/4500) 初春
    18回目 水上A勝利(287_3414>/4500) 木曾
    19回目 水上A勝利(413_3827>/4500) 伊勢 以下最終形態
    20回目 Tマス大破撤退
    21回目 水上A勝利 伊勢
    22回目 機動A勝利 高雄 ギミック解除
    23回目 Cマス大破撤退
    24回目 Hマス大破撤退
    25回目 Hマス大破撤退
    26回目 機動A勝利 Gotland
    27回目 機動A勝利 吹雪
    28回目 機動A勝利 Bismarck
    29回目 機動A勝利 涼風
    30回目 Cマス大破撤退
    31回目 機動S勝利 早霜

    海域突破報酬

    kancolle_20181006-012002843kancolle_20181006-012015163
    kancolle_20181006-012029246kancolle_20181006-012051085
    kancolle_20181006-012100066
    kancolle_20181006-012128978

    kancolle_20181006-012249865kancolle_20181006-012308749
    kancolle_20181007-111700800kancolle_20181007-111706091
    kancolle_20181007-111710913

    レア艦掘り

    kancolle_20181008-004234326kancolle_20181009-193730444
    1回目 S勝利 那珂
    2回目 A勝利 陸奥
    3回目 S勝利 卯月
    4回目 A勝利 那珂
    5回目 A勝利 妙高
    6回目 A勝利 鈴谷
    7回目 S勝利 赤城
    8回目 S勝利 衣笠
    9回目 S勝利 愛宕
    10回目 S勝利 那珂
    11回目 S勝利 伊勢
    12回目 S勝利 妙高
    13回目 S勝利 那珂
    14回目 A勝利 卯月
    15回目 S勝利 加賀
    16回目 A勝利 妙高
    17回目 A勝利 能代
    18回目 S勝利 Graf Zeppelin
    19回目 S勝利 山城
    20回目 S勝利 長門
    21回目 A勝利 妙高
    22回目 A勝利 初春
    23回目 S勝利 比叡
    24回目 S勝利 筑摩
    25回目 S勝利 能代
    26回目 S勝利 卯月
    27回目 A勝利 飛龍
    28回目 A勝利 早霜
    29回目 S勝利 Bismarck
    30回目 A勝利 大井
    31回目 A勝利 日向
    32回目 S勝利 弥生

    掘り周回中に発動したNelson Touch
    kancolle_20181008-012745004