夏イベント2017:期間限定海域【西方再打通!欧州救援作戦】

当記事は2017年夏イベントの攻略時の編成などのメモである。
主に自分用のまとめであるが、提督諸氏の助けになると幸いである。

各海域の攻略記事は以下。
E-1 E-2 E-3 E-4 E-5 E-6 E-7

今回のイベントでは以下のように出撃制限札が付くことがわかっている。
丙難度と支援艦隊はこの制限を受けない。

E-1E-2E-3E-4E-5E-6E-7
艦隊通常通常連合連合通常連合連合
前路警戒隊×××××
西方作戦部隊××××
紅海派遣艦隊×××××
第一特務艦隊×××××
第二特務艦隊×××××


【前段作戦】紅海「遥かなるスエズ」

kancolle_20170816-010001340
出撃制限紅海派遣艦隊(連合艦隊)
戦力ゲージHP(前半)最短4回(甲難度)
戦力ゲージHP(後半)最短5回(甲難度)
海域撃破ボーナス共通戦艦「Richelieu」、勲章×1
改修資材x5、Spitfire Mk.V×1、熟練搭乗員×1
改修資材x4、Spitfire Mk.I×1
なし
アラビア海の制海権を確保したため、欧州方面攻略の拠点となる紅海への攻略を進める。
前段作戦の最終作戦海域となり、欧州への殴り込みは後段へとお預けになる。
前段最終作戦だけあって、ダブル戦力ゲージとなっており、後半は高難度となっている。
惜しみなく一軍級戦力を投入していきたい海域である。

E-5の報酬などと合わせて考えると、乙以上で攻略しておきたい海域である。
逆にE-5甲の攻略ができれば、E-4甲の報酬の上位機種が手に入る。
甲作戦にこだわりが無ければ乙攻略も視野に入れていいだろう。

とは言いつつも、ここでは甲作戦の攻略を進めていく。

ルート

kancolle_20170816-211216467
ゲージ1本目
 空母機動部隊
 A→B→C→G→H→I(ボス)
 水上打撃部隊
 D(対潜戦)→A→B→C→G(気のせい)→H(気のせい)→I(ボス)
kancolle_20170817-004417615
ゲージ2本目
 水上打撃部隊
 D(対潜戦)→G(気のせい)→H(気のせい)→J→K(空襲戦)→M→N(ボス)

ギミック

特定艦による特効が検証中。
欧州艦や二航戦を編成することで火力に補正がかかる可能性がある。
ただし、現時点での再現性は乏しく、トリガーとなる要素も不明である。
ギミックも特効もないと考えて行ったほうが気楽である。

基地航空隊

戦力ゲージ1本目である前半戦は、戦闘行動半径が3以上でボスに到達する。
戦力ゲージ2本目の後半戦は戦闘行動半径が6以上必要となる。

前半戦

基地航空隊_20170816-190159
ボスマスに戦闘機を集中させ、制空支援を行わせる。
さほど敵は強くないため、陸攻などは必要ないだろう。
画像は熟練度上げのために、あえて下位の局戦などを使用している。

後半戦

基地航空隊_20170817-003543
陸戦などを1中隊、陸攻などを3中隊配備し、敵駆逐や第二艦隊の頭数を減らしたい。

編成

今回は欧州方面への展開となる。海外艦は温存することを推奨する。
プレイ画面下の情報に表示されるバナーでは、以下の艦が登場している。これらは温存推奨。
飛龍、蒼龍、Prinz Eugen、Warspite、Aquila

戦力ゲージ1本目

攻略編成_20170816-182819
今回は最短ルートを通過できる空母機動部隊を編成した。
戦力ゲージ2本目(後半戦)は強制的に水上打撃部隊となる。
(あまりないと思うが)空母が不足している場合は水上打撃部隊も検討しよう。

大型艦は3隻まで、かつ空母系は3隻までになる。
上記のような編成が最もスタンダードであろう。

編成の多くは後半戦でも必要となる艦を採用している。
欧州艦はE-5でも必要となるため、欧州艦は3隻ちょうどの編成が良いだろう。
なお、米艦(Iowa, Saratoga)と露艦(Гангут)は欧州艦扱いにはならない。

低速艦を使えるのはE-4だけなので、低速戦艦や低速軽母を積極的に採用する。

雷巡は、後半戦でカットインが必要になることを想定して、北上を採用した。
E-6では大井が居ればなんとかなるだろう。たぶん。
むしろ北上など抜きで後半戦の旗艦撃沈はかなりしんどい。

戦力ゲージ2本目(前哨戦)

攻略編成_20170817-003342
ゲージ1本目とは異なり、水上打撃部隊のみがボスに到達できる。
欧州艦が3隻以上いると雷巡を1隻編成しても最短ルートとなる。
低速軽空母を2隻に増やし、航空優勢以上を取っていく。

最終決戦で装備編成などを若干見直したが、前哨戦から下記の構成がベターかもしれない。

第二艦隊は魚雷カットイン装備を揃え、熟練見張員も適宜装備させた。
探照灯は大型のものを戦艦に装備しても良いだろう。旗艦だと庇われてしまうことがある。

戦力ゲージ2本目(最終決戦)

攻略編成_20170818-023338
第二艦隊旗艦の庇う率が思いの外高かっため、2番めの艦に探照灯をもたせた。
高確率で大破させられるため、適当な重巡あたりに持たせたほうが資源に優しいかもしれない。

由良は出ればラッキーくらいにカットイン装備にしたが、連撃の方が良かったかもしれない。

初霜以下は魚雷を3本積んで夜戦火力重視にした。
特に最終形態の装甲はこれくらいでないとなかなか抜けない。

支援艦隊

攻略編成_20170816-182842
前半戦の敵の戦力はそこまで強くないが、支援艦隊を出すと非常に安定する。
全力の道中、決戦支援を出してみたところ全艦小破未満でS勝利もできた。
資源状況やキラ付けの手間などを考えて適宜出していこう。

後半戦は道中支援は必ず出していきたい。道中のPT子鬼郡には効果的である。
カットイン艦が中破した時点で撃沈は絶望的である。
決戦支援は削りの段階からあると良いが、最終決戦では全力で出そう。

敵編成

道中編成

▼ 道中編成

ボス

kancolle_20170816-184033154
前半のゲージ1本目のボスは空母夏鬼。
道中、ボスともに編成は比較的弱めで、E-3よりも難度は低い。
耐久はわずか340、装甲も比較的低い方で、夜戦前に決着することもある。

kancolle_20170817-004433923
kancolle_20170817-224530479
後半戦のゲージ2本目は戦艦仏棲姫。フランスの戦艦Richelieuがモデルとなっている。
耐久は730、装甲は250オーバーと硬く打たれ強い。
カスダメなどで中破程度は難しくないが、撃沈は魚雷カットインを数回叩き込む必要がある。

前半戦

kancolle_20170816-184047921

後半戦前哨戦

kancolle_20170817-004447471

後半戦最終形態

kancolle_20170817-224602873

結果

kancolle_20170818-021245656
E-4甲も無事クリアすることができた。
前半に関しては特に問題がないと思うので、後半に関して所感を書く。

結局ギミックや特効があったのかは謎だが、カットインで殴れば解決できるボスであった。
北上やPrinz Eugenをはじめ、幸運艦を惜しみなく投入することが攻略の鍵だろう。
保険も含めて3隻はカットイン艦を用意するのは必須だろう。
フィニッシャーが複数中破した時点で撃沈はほぼないと考えておきたいところだ。

随伴艦の撃破は基地航空隊と決戦支援、第一艦隊でほぼ片がつく。
何度か装備を変更したが、結局制空権確保ラインまで艦戦を乗せられていなかった。
割り切って航空優勢のまま艦攻を増やしたほうが開幕が安定するかもしれない。

最終的には駆逐艦は魚雷3本という夜戦火力に振り切った装備にした。
これくらいの雷装がないとまともなダメージは難しいようだ。

kancolle_20170817-185642512
攻略途中では天霧をドロップした。
ラストも比較的すぐに終わったため、今回はかなり運が良かったほうだと思う。

遠征、任務などの回復を含めた消費資源は以下の通りとなっている。
前半戦:5247/6242/1795/1990/11
後半戦:11284/10057/4479/2411/43
総計:16531/16299/6247/4401/54
kancolle_20170818-022252234

括弧内は与ダメ
1回目 ボスS勝利(340) 金剛
2回目 旗艦大破撤退(道中支援なし)
3回目 ボスA勝利(340) 陸奥
4回目 ボスS勝利(340) 鈴谷
5回目 ボスS勝利(340) 浦風 戦力ゲージ1本目破壊
6回目 ボスA勝利(547) 加古
7回目 ボスS勝利(730) 陸奥
8回目 ボスS勝利(730) 天霧
9回目 ボスA勝利(348) 榛名
10回目 ボスS勝利(730) 卯月 以下最終形態
11回目 ボスA勝利 由良
12回目 ボスA勝利 木曾
13回目 M大破撤退
14回目 ボスA勝利 矢矧
15回目 ボスS勝利 風雲 戦力ゲージ2本目破壊

海域突破報酬

kancolle_20170818-021929088
kancolle_20170818-021742329kancolle_20170818-022023707


kancolle_20170818-022420186