はじめに

当記事は2017年春イベントの攻略時の編成などのメモである。
主に自分用のまとめであるが、提督諸氏の助けになると幸いである。

今回のイベントではE-1からE-4までそれぞれ異なる札が付き、E-5は全艦が出撃可能となる。

E-3攻略前の資源状況は次の通り。
////


【前段作戦】千島列島沖「艦隊抜錨!北方防備を強化せよ!」

kancolle_20170504-234827924

E-3では再び輸送作戦からの殲滅作戦へと展開していくことになる。
前半は輸送護衛部隊、後半は水上打撃部隊という連合艦隊によるマップである。
出撃した艦には「連合艦隊」の札が付く。

ルート

kancolle_20170506-005247155

マップ拡張
J(気のせい)→K→H(能動選択)→F→D(能動選択)→A→B
J(気のせい)→K→H(能動選択)→F→D(能動選択)→C
J(気のせい)→K→H(能動選択)→C→E
前半輸送ゲージでは、最初はKマスより東側のマップが出現していない。
まずはB、C、Eマスに1回ずつ到達する必要がある。
B、C、Eでは1-6と同じように戦闘はないため、直前で大破しても進める。
まずはBを目指し、Fで大破した場合はCに進もう。

kancolle_20170506-201343457

輸送ゲージ
J(気のせい)→K→M(気のせい)→Q→U(揚陸地点)→V(ボス)
輸送護衛部隊を編成すれば上記のルートとなる。
空母機動部隊でもボスには到達できるが、遠回りとなる。
輸送護衛部隊で特に問題はない海域なので、こちらを推奨する。

kancolle_20170507-195538430
J(気のせい)→N(能動選択)→ ギミック解除
J(気のせい)→N(能動選択)→R

kancolle_20170507-202409887

戦力ゲージ
J(気のせい)→N(能動選択)→P→S→W(ボス)

基地航空隊

基地航空隊_20170506-203423
輸送ボスマスには行動半径が9以上必要となる。
行動半径が不足する場合は大型飛行艇(二式大艇など)を使う手もある。
筆者は行動半径9以上で固めた航空隊をボスへ、他方は道中に一つずつ送り出した。

戦力ゲージでは行動半径が8以上あれば良いので、全てボスに送り出す。
また、Wボスマスでは敵制空値が非常に高い。
第一航空隊を艦戦で固めて制空補助をさせるのも一つの手である。

ギミック

ルートの項目でも記載した通り、まずはB、C、Eへ到達してマップの拡張を行う。
その後は輸送ゲージの破壊を目指すが、同時にK、Q、VでのS勝利を並行して行う。

戦力ゲージのボスでは、PRKQVの5地点でS勝利するとボスの装甲破砕効果が発動する。
無くても突破可能なギミックではあるが、基地航空隊や道中支援を駆使してやっておこう。

輸送ゲージ破壊後はRマス攻略を進める。対潜兵装を整えた水上打撃部隊を編成する。
詳細は後述の編成の項目にて。
基地航空隊はすべてRに出し、必要ならば道中支援も出そう。
陣形は第二警戒航行序列を選ぶ。

最後に戦力ゲージ攻略編成に変更後、PマスでS勝利を取りつつボスへ向かおう。
Pマスは主に水雷艦で編成されているため、特に苦労することなくS勝利できるだろう。
心配であれば基地航空隊を出しても良いが、ボスに集中させた方が良さそうだ。

敵編成

道中編成

Rマス編成(軽巡ツ級以外はflagship、軽巡ツ級はelite)
kancolle_20170507-195622537

Pマス
kancolle_20170507-202106397

輸送ゲージ ボス編成


前哨戦 / 最終決戦

kancolle_20170506-201452891

戦力ゲージ ボス編成

kancolle_20170507-202433317
戦力ゲージは1920。最短4回で撃破可能。

前哨戦

kancolle_20170507-202447588

最終決戦

kancolle_20170507-225525086

編成

史実艦の温存を推奨 → E-5での特攻のみ確認
 那智、足柄
 多摩、木曾、長良、阿武隈、五十鈴
 不知火、初春、初霜、若葉、山雲、曙、潮、霞

輸送ゲージ

攻略編成_20170506-205444

第一艦隊はほぼ戦力とならないため、水上戦闘機や輸送装備を詰め込んだ。
以上の編成でA勝利するとTP107、S勝利ならばTP153となる。

大発搭載可能な艦はE-4用に2-3隻残しておこう。
筆者の場合は霞改二、ヴェールヌイ、朝潮改二丁を残した。

駆逐艦を含まない編成が主流になりつつある。ここで使ってしまっても問題無いかも。
まずはE-4の編成も確認のこと。

一方、第二艦隊は戦力の要なので、こちらはきちんと装備させよう。
と言いつつ、駆逐艦にはドラム缶を乗せた。阿武隈も大発を乗せても問題ないだろう。
自艦隊の装備や練度との相談となる。

E-5攻略後追記:
上記編成では那智、足柄を採用しているが、攻略後にE-2で掘りを行う場合は他の艦を使用する。
加古、古鷹、羽黒、鳥海あたりを採用しても良いだろう。


S勝利するのに必要なのは基地航空隊と決戦支援の仕事次第だろうか。
如何に敵第二艦隊を昼間のうちに狩り切るかが勝負である。
敵の第一、第二両艦隊に残存艦があり、撃沈数が8以上の場合は夜戦をしないこと。

Rマス攻略用

攻略編成_20170507-195417
Rマスは潜水艦が1-2隻出現するため、専用の装備を整えて出撃する。
第二艦隊は基本的に輸送時のものを対潜装備に変更すれば十分だろう。
Rマスで撤退する前提なので軽空母は艦攻を多数配備している。

戦力ゲージ

前哨戦 / 最終決戦

第一艦隊:戦艦+重巡/航巡4、軽空母2
第二艦隊:軽巡1、重巡/航巡2-3、雷巡0-1、駆逐2
攻略編成_20170507-201801
ボス編成の航空優勢ラインは570程度なので、軽空母2隻は烈風キャリアーとする。
航巡や航戦に水上戦闘機を乗せれば多少は艦攻を搭載できる余裕ができるのかもしれない。
が、艦攻がなくとも特に問題なくクリアできるだろう。

航巡はE-4のために主力は温存しておく。

支援艦隊

攻略編成_20170506-204144
輸送護衛部隊では火力が非常に貧弱なため、道中、決戦ともに支援を出そう。
道中支援は旗艦だけのキラ付けでも体感ではちゃんと来てくれる。
全艦キラ付けが理想だが、面倒なら旗艦だけでもしておこう。
決戦支援は旗艦だけのキラ付けでほぼ確実にやってくる。こちらも抜かりなく。

戦力ゲージでは決戦支援さえあれば十分だろう。

結果

kancolle_20170507-225723591
E-3はマップとして時間のかかる構成だったが、敵自体はさほど強くもなく、やはり前段作戦か。
戦力ゲージはあまりに順調すぎて、大破撤退なしのストレートで行けるかと思ったほど。
(実際には大破撤退したけど…。)

kancolle_20170507-205512461
攻略中に占守をドロップできたので、E-3はS勝利!!

クリア後の資源は次の通り。
195503/144142/297487/133501/1101

括弧内TP値
1回目 C到達
2回目 B到達
3回目 E到達
4回目 ボスA勝利(107) 山城
5回目 ボスS勝利(153) 三隈
6回目 大破撤退
7回目 ボスA勝利(107) 加賀
8回目 大破撤退
9回目 ボスA勝利(33) 最上
括弧内与ダメ
10回目 RマスS勝利
11回目 PマスS勝利、ボスS勝利(480) 榛名
12回目 ボスS勝利(480) 占守
13回目 ボスS勝利(480) 飛鷹
14回目 大破撤退
15回目 大破撤退
16回目 ボスS勝利(480) ゲージ破壊 加賀

海域突破報酬

kancolle_20170507-230628615
kancolle_20170507-225856014kancolle_20170507-225952252
改修資材×7、一式戦 隼III型甲(54戦隊)、勲章、特大発動艇+戦車11連隊、軽空母「春日丸」


kancolle_20170507-231129875
kancolle_20170507-231139923