本土沖太平洋上「発令!艦隊作戦第三法」

当記事は2016年秋イベントの攻略時の編成などのメモである。
主に自分用のまとめであるが、提督諸氏の助けになると幸いである。


概要

kancolle_20161120-021400864

E-3は連合艦隊で出撃することになり、敵も連合艦隊を編成してくる。
前段作戦でありながら、連合艦隊同士の戦いという総力戦のような様子である。

今回の出撃制限札について分かっているのは以下の通り。E-2と共通の艦を使うなどして札の制限を増やさないように気をつけたいが、さすがに少々厳しいかもしれない。
E-1:輸送部隊
E-2、E-3共通:迎撃部隊
E-4:増派部隊
E-5:決戦艦隊(甲のみ)


E-3開始前の資源状況。
kancolle_20161119-171740182


ルート

kancolle_20161120-143702141
B(潜水艦)→E(能動選択)→I(空襲戦)→L(空襲戦)→Q(ボス)
低速艦が混在するとB→D→Eと逸れるかもしれない(要検証)が、基本的にルートは完全固定。
道中は逸れない限り通常戦闘はないため、道中支援は不要となる。


ギミック


現在はギミックの存在だけ確認され、その内容は検証中のようである。
これまで通り、解除後に母港へ戻るとSEが鳴り、ボスのセリフも変化する。

筆者は完全にギミックを解除することなくE-3甲を突破することに成功した。
以下の全ての解除手順を実際に試したわけではないので、他所の情報も参考にしてほしい。
後述する編成で特に苦労することもなかったので、先に削りを試すこともおすすめする。

E-3の難易度選択時にギミック解除の可能性があるため、先に難易度選択を行うこと。

以下、解除手順の候補
  1. E-3-HおよびKでS勝利する。
  2. E-3-FおよびI(或いは全ての航空マス)で完全勝利Sを達成する。
  3. E-2ボスにS勝利する。
  4. E-2の全航空マスで完全勝利Sを達成する。
    潜水艦6隻編成で中央→下→ボス前のルートを通ると確実にS勝利できる。
    2周すれば全マスを通過可能。ボスに行く必要はないため水偵は不要。
  5. E-2の基地防空で2回制空権を確保して被害無しにする。
    基地航空隊を局戦3+烈風系で2航空隊とも防空にすることで達成。
    局戦3+彩雲だと熟練度が>>でも航空優勢しか取れなかったために変更した。



敵編成

道中編成

Bマス(潜水艦戦)

kancolle_20161120-153155872kancolle_20161120-143234440

Iマス(空襲戦)

kancolle_20161120-153355761kancolle_20161120-E3I

Lマス(空襲戦)

kancolle_20161120-E3L


ボス編成

kancolle_20161120-135519519
水母棲姫:HP390 戦力HPゲージ:2340 最短6回でクリア
ギミック解除後は装甲が弱体化するらしいが、結局のところギミックを解除せずに突破できてしまった。
甲難度であっても練度が十分であればギミック解除は不要な模様。


前哨戦編成

kancolle_20161120-143813050

最終決戦編成

kancolle_20161120-235831371


編成

現在、以下の艦艇の温存を推奨する。
瑞穂、長門、Prinz Eugen、酒匂


前哨戦 / 最終決戦

空母機動部隊

攻略編成_20161120-143121攻略編成_20161120-143128
最終決戦時も特に編成を変更する必要なく突破できた。
第一艦隊:戦艦
高速戦艦なら何でも良いが、E-4、E-5で要求される可能性の低い海外艦を選択。
装備は一般的な弾着観測射撃の装備で良い。連合艦隊のため主砲は命中を重視した。
第一艦隊:重巡
E-2で採用した艦と海外艦のPolaを採用。Prinz Eugenは温存した。
Polaには二式水戦改を搭載して制空値を稼いでいるが、なくても問題はない。
第一艦隊:正規空母、軽空母
制空権は優勢程度を狙う。
前哨戦は584で優勢ラインだが、上記編成では撃墜分も余裕を見て646まで上げてある。
強力な艦載機が足りない場合は、重巡を1隻減らして高速軽母(瑞鳳型、龍驤、千歳型)を追加すること。
第二艦隊:駆逐艦
E-2の艦をそのまま採用。旗艦は魚雷カットイン仕様にしたが、運が無改修ではカットイン率は低い。
もう1隻は対空カットインにして防空をさせる。
第二艦隊:軽巡、重巡
E-2の艦と妙高を採用。
妙高は運が高いため、熟練見張員と共にカットイン装備にして6番艦に配置した。
残りの軽巡と重巡には夜戦装備である夜偵や探照灯を搭載した。
第二艦隊:雷巡
牧場の北上が余っていたため甲標的+魚雷カットイン装備で採用した。
E-4およびE-5に備えて、予備がない場合は木曾改二>大井改二>北上改二の順で採用しよう。
あるいは、そもそも雷巡を採用せずに重巡を増やしても問題ない。


支援艦隊

攻略編成_20161120-134244
道中支援は一切必要ないが、決戦支援は最低でも上記くらいの編成は用意すること。
この編成、装備で開幕に2隻落とせるかどうかである。
駆逐2(電探3)戦艦4(主砲3+電探)のようなガチ支援にすることも検討すると良い。
第四艦隊:駆逐艦
電探で固めてカスダメを狙う。当たれば良い装備例。
旗艦のみキラ付け艦をローテにしていたため、上記では磯波という状態である。
第四艦隊:空母
上位の艦爆を2-3、電探1-2が良い。
今回は命中補正のついた艦爆が多めになっているため、電探は1つにしてある。
第四艦隊:戦艦
命中補正のある主砲を中心に、火力150-180程度を目指す。
今回は命中補正の大きい主砲4だが、主砲3電探1でも良い。
支援艦隊では改修値が影響しないことを忘れないこと。


結果

ギミック解除を行っていないわりには削りが順調に進んだ。
E-2の空襲戦完全S勝利と防空における制空権確保は達成していたが、関連があるのかは謎である。

kancolle_20161121-000118661
結局のところ、ゲージを割るまでほぼ苦労することなく攻略できた。
途中で一部装備を変更して艦戦を減らして痛い目にあってしまったが、上記の編成のままなら問題なかった。

最終形態では全艦無傷でS勝利という事態になり、噂に聞いていた硬い装甲は見られなかった。
E-2のギミック解除手順および、道中の空襲戦で偶然完全勝利Sを複数回達成したのが影響したのだろうか。
この辺の検証は他の方に任せるとして、ギミックを割る前に削りに突入したのは正解だったと言えるだろう。

kancolle_20161120-154042751
さらに、削り中には山風も拾うことができた。
E-2で無駄に苦戦した分、こちらでは楽をさせてもらい、とんとんと言ったところか。

以下はE-3終了時の資源状況。計算はまたそのうちやろう。
kancolle_20161121-001609277


結果

()内は与ダメ。
1回目 ボスA勝利(272) 時津風
2回目 ボスA勝利(390) 隼鷹
3回目 ボスS勝利(390) 山風
4回目 ボスA勝利(241) 飛鷹
5回目 ボスA勝利(34) 時津風
6回目 ボスA勝利(3) 時津風
7回目 大破撤退
8回目 大破撤退
9回目 ボスS勝利(390) 山城
10回目 大破撤退
11回目 ボスA勝利(255) 伊勢
12回目 ボスS勝利(390) 鈴谷


報酬

kancolle_20161121-000455362
kancolle_20161121-000406164
洋上補給*4、改修資材*7、Laté 298B、水上機母艦「Commandant Teste」、勲章


kancolle_20161121-000603303kancolle_20161121-000615550
kancolle_20161121-000827106