shobon's blog

主に趣味のまとめになります。なる予定です。


はじめに

当記事は2017年春イベントの攻略時の編成などのメモである。
主に自分用のまとめであるが、提督諸氏の助けになると幸いである。

今回のイベントではE-1からE-4までそれぞれ異なる札が付き、E-5は全艦が出撃可能となる。

E-5攻略開始前の資源状況は次の通り。
193352/143638/300000/129428/1095


【後段作戦】大ホッケ海北方「北の魔女」

kancolle_20170508-215041853
ようやく2017年春イベント最終海域、E-5である。
大湊から出撃して北海道沖、千島列島の防衛強化、哨戒に成功(前段作戦)。
さらには千島列島の北東端である占守島に上陸した敵を撃退(E-4)。
再度占守島に接近する敵艦隊を撃破せよ…という内容である。

戦力ゲージが2本ある特殊な海域で、攻略には資源と時間を要しそうだ。
本海域では弱体化ギミックおよびボス特効が存在している(詳細は後述)。

加えて、TマスではLittorioとRomaのドロップが確認されている。
2本目のゲージを破壊した海域攻略後ではTマスへ到達しにくくなるため要注意である。

ルート

kancolle_20170510-233400110
ギミック解除
2→B(対潜戦)→C(空襲戦)
1→A(能動選択)→E
1→A(能動選択)→D(→G→L(空襲戦)→M→R(1本目ボス))

戦力ゲージ1本目
1→A(能動選択)→D→G→L(空襲戦)→M→R(1本目ボス)

kancolle_20170512-001107252
戦力ゲージ2本目
水上打撃部隊
2→B(対潜戦)→C(空襲戦)→F→J(能動選択)→N→O(空襲戦)→T(ボス)
空母機動部隊
1→A(能動選択)→E→H(対潜戦)→I(うずしお)→K→O(空襲戦)→T(ボス)…①
1→A(能動選択)→E→F→J(能動選択)→N→O(空襲戦)→T(ボス)…②

水上打撃部隊では弾薬ペナルティが発生しない。
通常の空母機動部隊では、弾薬ペナルティが発生する(①)。
史実艦が5隻以上、空母3隻以下などの条件で弾薬ペナルティの発生しないルートに入れる(②)。
空母3隻以下などの編成縛りは機動部隊のメリットを殺している。
水上打撃編成で叩くのが最も良いだろう。

ギミック


弱体化ギミック

弱体化ギミックが発動する条件は次の通り。
  1. Cマスで完全勝利Sを取る。
  2. D, Eマスで勝利Sを取る。
  3. 基地防空で損害なしを達成する。
Cマスでの完全勝利Sについて
上ルートからスタートするためには、水上打撃部隊を編成する必要がある。
支援艦隊は特に必要ないが、基地航空隊は戦闘機を多数配備して送ると楽に完全勝利できる。
実際の基地航空隊はこちらと、艦隊の編成はこちら
Eマスでの勝利Sについて
下ルートからスタートするためには、空母機動部隊を編成する必要がある。
最初の能動分岐で、まずは北西に進路を取る。Eマスでの勝利S自体は容易に達成できるだろう。
Eマス突破後については、そのまま進撃してボスへ行けるが撤退をおすすめする
道中が遠回りになったり対潜戦があったりと、少々面倒臭い。
艦隊の編成は前哨戦編成をそのまま使っておけば問題ないだろう。
Dマスでの勝利Sについて
下ルートからスタートするためには、空母機動部隊を編成する必要がある。
Eマスの時とは打って変わって、Dマス突破後はそのまま進撃を続けてボスを目指そう
道中で空襲が発生するが、そのまま防空に成功できると尚良い。
艦隊の編成は前哨戦編成にする。
基地防空での損害なし
基地防空で手っ取り早く損害なしにするには、熟練度最大の局戦×3と彩雲を編成しよう。
防空の場合の制空値計算は少し特殊で、索敵が9以上の艦偵を編成すると制空値が1.3倍になる。
実際の編成はこちらの第三航空隊のようにする。

kancolle_20170510-233037681

ボス特効

那智、木曾、阿武隈、潮、霞、Верныйの6隻は両方のボスへの特効が認められている。
那智、木曾、阿武隈、潮、霞は1.25倍のキャップ後補正となる。
Верныйのみ1.5倍のキャップ後補正となっている。
キャップ後補正はその数字の割に案外馬鹿にならない効果が出ることも。
史実艦はなるべく編成していきたいところ。

また、空母の艦爆および噴式戦闘爆撃機もボス旗艦への特効がある模様。
空母機動部隊で出撃する際は噴式機も使えるが、資源消費には気をつけたい。
支援艦隊を航空支援にすれば艦爆特効がはたらくようなので、検討の価値はありか。

基地航空隊

Cマス攻略

基地航空隊_20170510-200702
Cマスは空襲戦であるため、戦闘機を配備してCマスに集中させよう。
なくても完全勝利Sは取れるだろうが、1度でさくっとクリアしてしまおう。
2つの航空隊は待機にしておこう。1航空隊あれば十分である。

前哨戦

基地航空隊_20170510-234525
ゲージ1本目、2本目ともに前哨戦のうちは1航空隊を防空に回しておくのが良いだろう。

最終形態

最終形態では、空襲による資源への被害を顧みずにすべて出撃させよう。
いずれの編成も21型熟練or一式戦 隼III型甲(54戦隊)と陸攻を3機配備しよう。

敵編成

道中編成

▼ 道中編成

ボス編成

戦力ゲージ1本目

kancolle_20170510-212301729
ついに帰ってきたダイソンこと戦艦棲姫。
戦力はゲージは1200、最短3回で撃破可能である。

前哨戦 / 最終決戦

kancolle_20170510-212314965

戦力ゲージ2本目

kancolle_20170511-232306658
01

今回のイベントのラスボス北方水姫。
耐久値は770と歴代最高クラス。戦力ゲージは3850と、最短5回で撃破可能である。

前哨戦

kancolle_20170511-232322445

最終形態

16

編成

最終海域のため、全戦力を投入しよう。
1本目の戦力ゲージでは空母機動部隊、2本目では水上打撃部隊がメジャーなようである。

ボス特攻のある那智、木曾、阿武隈、潮、霞、Верныйも積極的に採用しよう。

Cマス攻略編成

攻略編成_20170510-200515
水上打撃部隊を編成すると2からの出撃となる。
道中のBマスでは潜水艦が出現するため、軽巡や雷巡に対潜兵装を乗せた。
これだけはあれば対潜先制爆雷攻撃で容易に突破できるだろう。

第一艦隊の軽空母は上位の艦戦を満載し、第二艦隊は対空カットイン艦を複数編成した。
ここまでやらなくとも完全勝利はできるだろうが、念のために摩耶改二、秋月型2隻を採用した。

ゲージ1本目 前哨戦 / 最終決戦

攻略編成_20170510-202329
仮組みのつもりだった上記編成で特に何の問題もなく突破できた。
夜戦に入ってもBismarckまでで勝負が決まってしまったので、ベストな編成かは不明だ。
Верныйや雷巡はただの連撃で問題ないかもしれない。

ゲージ2本目 前哨戦

攻略編成_20170511-230956
水上打撃部隊を編成し、上ルートから攻略する。
大破ポイントの一つが最初の対潜戦だが、筆者はそこで1回しか大破撤退しなかった。
軽空母は艦攻を0-1機ずつ乗せて、他は艦戦で固める。
上位の艦戦がない場合はすべて艦戦を乗せた烈風キャリアーにしてしまおう。
その場合は軽空母を旗艦に据えても良い。
第二艦隊はカットイン艦が多めになっているが、連撃装備でも問題はないだろう。

ゲージ2本目 最終決戦

基本的な編成は前哨戦と変わらない。
敵の制空値が少し増加するため、2隻いる軽空母の片方を烈風キャリアーにした。
第二艦隊は前哨戦編成のスクショと全く同じようにした。
最終決戦では魚雷カットイン装備にし、一発のでかさを狙おう。

決戦支援

攻略編成_20170510-202908
ボスに対しては艦爆特攻が認められているため、航空支援にするのも一つの手である。
ボーキサイトを消費するため、資源と相談しながら決めよう。

航空支援の場合は駆逐2、空母4として艦爆を複数搭載する。

結果

kancolle_20170513
今回はイベント海域最深部としては比較的容易に突破できるものであった。
その理由は、攻略時の編成の縛りが比較的緩かったためである。
史実艦特攻こそあれど、攻略時にはルート固定をする必要もない。
また、水上打撃部隊であれば弾薬ペナルティもなく、全力の戦艦で殴れたことも大きい。

kancolle_20170514-002303682

kancolle_20170514-002148549
LittorioやRomaは出なかったが、神威が攻略中に出てくれたので良かった。
今回、新規実装艦などの泥率は比較的高めらしいため、頑張って掘り尽くしたいところだ。

クリア後の資源状況は以下に示すとおり。
クリア後

括弧内与ダメ
ゲージ1本目
1回目 Cマス勝利S
2回目 Eマス勝利S
3回目 Dマス勝利S、Rボス勝利S(400) 望月
4回目 大破撤退
5回目 基地防空成功、Rボス勝利S(400) 五十鈴
6回目 Rボス勝利S(400) ゲージ破壊 子日
ゲージ2本目
7回目 Tボス勝利S(770) 扶桑
8回目 Tボス勝利A(634) 長良
9回目 Tボス勝利S(770) 長波
10回目 大破撤退
11回目 Tボス勝利A(193-384) 山城
12回目 Tボス勝利A(770) 沖波 以下最終形態
13回目 大破撤退
14回目 Tボス勝利S 神威 ゲージ破壊

海域突破報酬

kancolle_20170514-002200583
kancolle_20170514-002251097
kancolle_20170514-002255666
改修資材×10、一式戦 隼II型(64戦隊)、勲章×2、戦艦「Гангут」、甲種勲章

kancolle_20170514-002322872
kancolle_20170514-014015580kancolle_20170514-014029227


はじめに

当記事は2017年春イベントの攻略時の編成などのメモである。
主に自分用のまとめであるが、提督諸氏の助けになると幸いである。

今回のイベントではE-1からE-4までそれぞれ異なる札が付き、E-5は全艦が出撃可能となる。

E-4攻略開始前の資源状況は次の通り。
195503/144142/297487/133501/1101


【後段作戦】占守島沖「迎撃!士魂の護り」

kancolle_20170507-234617868
E-4は通常艦隊による対地上目標のマップとなる。
潜水艦と空母による編成が明らかになってから、攻略難度が下がったようだ。
出撃した艦には「逆上陸部隊」の札が付く。

ルート

kancolle_20170507-235354132
A→B(空襲戦)→C→E(空襲戦)→H→I(ボス)

基地航空隊

基地航空隊_20170508-212936
基地航空隊は3航空隊まで編成が可能となる。
うち2航空隊が出撃可能なので、これらは陸攻×4で固める。
すべてボスマスに送っても良いが、過剰戦力となることもある。
一方の航空隊は潜水艦が大破しやすいCマスとボスマスに振り分けても良いかもしれない。
残りは局地戦闘機などを配備して迎撃を行わせよう。空襲の敵編成は比較的貧弱である。

敵編成

ボス編成

kancolle_20170507-235415196

前哨戦

kancolle_20170507-235427995

最終決戦

kancolle_20170508-022806266

編成

E-5に出撃制限はないため、主力艦を惜しみなく使おう。

前哨戦 / 最終決戦

攻略編成_20170507-234115
潜水艦を編成すると左回りのルートで固定される。
敵編成には水雷艦が多いため、空母の開幕攻撃によって蹴散らそう。
ボスに対して九七式艦攻と九七式艦攻(友永隊)の特効が確認されている。
上記編成では大鳳に乗せ忘れているが、九七艦攻友永隊を満遍なく乗せて出撃しよう。

潜水艦はWG42+特二式内火艇もあり。
カスダメ要員だが、敵の耐久が高いため馬鹿にならないダメージソースとなる。

夜戦火力がほぼ航巡のみなので、航巡2、空母3にするのも手である。
が、道中突破率が下がるため、個人的には空母4をおすすめする。

決戦支援

攻略編成_20170503-235954

結果

kancolle_20170514-001212715
今回のE-4は比較的難度の低い海域となっていた。
というのも、空母の開幕攻撃で敵を一掃できてしまうからだ。
二航戦牧場に精を出していた提督ならばさほど苦労のない海域であっただろう。

結局のところ、最後も航巡1空母4編成で撃破した。
基地航空隊と航空戦、決戦支援が上手く決まれば開幕でほぼ決する。
とにかくボスへと辿り着いた方が良さそうであった。

資源消費は比較的少なめだったが、択捉は未だに入手できず、A勝利といった感じ。

クリア後の資源は以下。
189564/138951/297713/127747/1089

括弧内与ダメ
1回目 ボスS勝利(690) 大井
2回目 ボスS勝利(690) 榛名
3回目 ボスS勝利(690) 長良
4回目 大破撤退
5回目 ボスS勝利(690) 阿武隈 以下最終形態
6回目 ボスA勝利 霧島
7回目 大破撤退(航巡2空母3編成)
8回目 大破撤退(航巡2空母3編成)
9回目 ボスS勝利(690) ゲージ破壊 霧島

海域突破報酬

kancolle_20170514-001229464 kancolle_20170514-001235074
補強増設、熟練搭乗員、爆装一式戦 隼III型改(55戦隊)、勲章、試製甲板カタパルト

kancolle_20170514-001247554

択捉・占守掘り

本海域ではA勝利以上で択捉および占守のドロップが確認されている。
占守のドロップには成功したが、択捉が未着任のため掘りを開始した。

本海域の攻略後はボスが前哨戦編成に固定される。
掘りの編成は攻略時の編成をそのまま使って進めていこう。

択捉掘り
1回目 ボスS勝利 榛名
2回目 ボスS勝利 伊勢
3回目 大破撤退
4回目 ボスS勝利 加賀
5回目 大破撤退
6回目 ボスS勝利 谷風
7回目 ボスA勝利 阿武隈
8回目 ボスS勝利 阿武隈
9回目 大破撤退
10回目 ボスS勝利 榛名
11回目 大破撤退
12回目 ボスS勝利 夕雲
13回目 ボスS勝利 衣笠
14回目 ボスS勝利 夕張
15回目 ボスS勝利 大井
16回目 ボスS勝利 夕張
17回目 ボスS勝利 北上
18回目 ボスS勝利 夕張
19回目 大破撤退
20回目 ボスS勝利 加賀
21回目 大破撤退
22回目 ボスS勝利 択捉
kancolle_20170515-220202738
択捉掘り終了時の資源状況は以下。
159309/120844/295860/111962/1083



はじめに

当記事は2017年春イベントの攻略時の編成などのメモである。
主に自分用のまとめであるが、提督諸氏の助けになると幸いである。

今回のイベントではE-1からE-4までそれぞれ異なる札が付き、E-5は全艦が出撃可能となる。

E-3攻略前の資源状況は次の通り。
////


【前段作戦】千島列島沖「艦隊抜錨!北方防備を強化せよ!」

kancolle_20170504-234827924

E-3では再び輸送作戦からの殲滅作戦へと展開していくことになる。
前半は輸送護衛部隊、後半は水上打撃部隊という連合艦隊によるマップである。
出撃した艦には「連合艦隊」の札が付く。

ルート

kancolle_20170506-005247155

マップ拡張
J(気のせい)→K→H(能動選択)→F→D(能動選択)→A→B
J(気のせい)→K→H(能動選択)→F→D(能動選択)→C
J(気のせい)→K→H(能動選択)→C→E
前半輸送ゲージでは、最初はKマスより東側のマップが出現していない。
まずはB、C、Eマスに1回ずつ到達する必要がある。
B、C、Eでは1-6と同じように戦闘はないため、直前で大破しても進める。
まずはBを目指し、Fで大破した場合はCに進もう。

kancolle_20170506-201343457

輸送ゲージ
J(気のせい)→K→M(気のせい)→Q→U(揚陸地点)→V(ボス)
輸送護衛部隊を編成すれば上記のルートとなる。
空母機動部隊でもボスには到達できるが、遠回りとなる。
輸送護衛部隊で特に問題はない海域なので、こちらを推奨する。

kancolle_20170507-195538430
J(気のせい)→N(能動選択)→ ギミック解除
J(気のせい)→N(能動選択)→R

kancolle_20170507-202409887

戦力ゲージ
J(気のせい)→N(能動選択)→P→S→W(ボス)

基地航空隊

基地航空隊_20170506-203423
輸送ボスマスには行動半径が9以上必要となる。
行動半径が不足する場合は大型飛行艇(二式大艇など)を使う手もある。
筆者は行動半径9以上で固めた航空隊をボスへ、他方は道中に一つずつ送り出した。

戦力ゲージでは行動半径が8以上あれば良いので、全てボスに送り出す。
また、Wボスマスでは敵制空値が非常に高い。
第一航空隊を艦戦で固めて制空補助をさせるのも一つの手である。

ギミック

ルートの項目でも記載した通り、まずはB、C、Eへ到達してマップの拡張を行う。
その後は輸送ゲージの破壊を目指すが、同時にK、Q、VでのS勝利を並行して行う。

戦力ゲージのボスでは、PRKQVの5地点でS勝利するとボスの装甲破砕効果が発動する。
無くても突破可能なギミックではあるが、基地航空隊や道中支援を駆使してやっておこう。

輸送ゲージ破壊後はRマス攻略を進める。対潜兵装を整えた水上打撃部隊を編成する。
詳細は後述の編成の項目にて。
基地航空隊はすべてRに出し、必要ならば道中支援も出そう。
陣形は第二警戒航行序列を選ぶ。

最後に戦力ゲージ攻略編成に変更後、PマスでS勝利を取りつつボスへ向かおう。
Pマスは主に水雷艦で編成されているため、特に苦労することなくS勝利できるだろう。
心配であれば基地航空隊を出しても良いが、ボスに集中させた方が良さそうだ。

敵編成

道中編成

Rマス編成(軽巡ツ級以外はflagship、軽巡ツ級はelite)
kancolle_20170507-195622537

Pマス
kancolle_20170507-202106397

輸送ゲージ ボス編成


前哨戦 / 最終決戦

kancolle_20170506-201452891

戦力ゲージ ボス編成

kancolle_20170507-202433317
戦力ゲージは1920。最短4回で撃破可能。

前哨戦

kancolle_20170507-202447588

最終決戦

kancolle_20170507-225525086

編成

史実艦の温存を推奨 → E-5での特攻のみ確認
 那智、足柄
 多摩、木曾、長良、阿武隈、五十鈴
 不知火、初春、初霜、若葉、山雲、曙、潮、霞

輸送ゲージ

攻略編成_20170506-205444

第一艦隊はほぼ戦力とならないため、水上戦闘機や輸送装備を詰め込んだ。
以上の編成でA勝利するとTP107、S勝利ならばTP153となる。

大発搭載可能な艦はE-4用に2-3隻残しておこう。
筆者の場合は霞改二、ヴェールヌイ、朝潮改二丁を残した。

駆逐艦を含まない編成が主流になりつつある。ここで使ってしまっても問題無いかも。
まずはE-4の編成も確認のこと。

一方、第二艦隊は戦力の要なので、こちらはきちんと装備させよう。
と言いつつ、駆逐艦にはドラム缶を乗せた。阿武隈も大発を乗せても問題ないだろう。
自艦隊の装備や練度との相談となる。

E-5攻略後追記:
上記編成では那智、足柄を採用しているが、攻略後にE-2で掘りを行う場合は他の艦を使用する。
加古、古鷹、羽黒、鳥海あたりを採用しても良いだろう。


S勝利するのに必要なのは基地航空隊と決戦支援の仕事次第だろうか。
如何に敵第二艦隊を昼間のうちに狩り切るかが勝負である。
敵の第一、第二両艦隊に残存艦があり、撃沈数が8以上の場合は夜戦をしないこと。

Rマス攻略用

攻略編成_20170507-195417
Rマスは潜水艦が1-2隻出現するため、専用の装備を整えて出撃する。
第二艦隊は基本的に輸送時のものを対潜装備に変更すれば十分だろう。
Rマスで撤退する前提なので軽空母は艦攻を多数配備している。

戦力ゲージ

前哨戦 / 最終決戦

第一艦隊:戦艦+重巡/航巡4、軽空母2
第二艦隊:軽巡1、重巡/航巡2-3、雷巡0-1、駆逐2
攻略編成_20170507-201801
ボス編成の航空優勢ラインは570程度なので、軽空母2隻は烈風キャリアーとする。
航巡や航戦に水上戦闘機を乗せれば多少は艦攻を搭載できる余裕ができるのかもしれない。
が、艦攻がなくとも特に問題なくクリアできるだろう。

航巡はE-4のために主力は温存しておく。

支援艦隊

攻略編成_20170506-204144
輸送護衛部隊では火力が非常に貧弱なため、道中、決戦ともに支援を出そう。
道中支援は旗艦だけのキラ付けでも体感ではちゃんと来てくれる。
全艦キラ付けが理想だが、面倒なら旗艦だけでもしておこう。
決戦支援は旗艦だけのキラ付けでほぼ確実にやってくる。こちらも抜かりなく。

戦力ゲージでは決戦支援さえあれば十分だろう。

結果

kancolle_20170507-225723591
E-3はマップとして時間のかかる構成だったが、敵自体はさほど強くもなく、やはり前段作戦か。
戦力ゲージはあまりに順調すぎて、大破撤退なしのストレートで行けるかと思ったほど。
(実際には大破撤退したけど…。)

kancolle_20170507-205512461
攻略中に占守をドロップできたので、E-3はS勝利!!

クリア後の資源は次の通り。
195503/144142/297487/133501/1101

括弧内TP値
1回目 C到達
2回目 B到達
3回目 E到達
4回目 ボスA勝利(107) 山城
5回目 ボスS勝利(153) 三隈
6回目 大破撤退
7回目 ボスA勝利(107) 加賀
8回目 大破撤退
9回目 ボスA勝利(33) 最上
括弧内与ダメ
10回目 RマスS勝利
11回目 PマスS勝利、ボスS勝利(480) 榛名
12回目 ボスS勝利(480) 占守
13回目 ボスS勝利(480) 飛鷹
14回目 大破撤退
15回目 大破撤退
16回目 ボスS勝利(480) ゲージ破壊 加賀

海域突破報酬

kancolle_20170507-230628615
kancolle_20170507-225856014kancolle_20170507-225952252
改修資材×7、一式戦 隼III型甲(54戦隊)、勲章、特大発動艇+戦車11連隊、軽空母「春日丸」


kancolle_20170507-231129875
kancolle_20170507-231139923

↑このページのトップヘ